新版 東洋医学概論 第1版1刷、第1版2刷、第1版3刷

お詫びと訂正

本書におきまして、以下の誤り・追記がありました。お詫びして訂正いたします。

 

【第1版1刷】                                     (2015年6月現在)

ページ
訂正箇所


4 上から11行目 前漢に実在した倉公(淳意) 前漢に実在した倉公(淳意)
7 下から3行目 備急千金翼方』(孫思邈) 『千金翼方』(孫思邈)
17 上から10行目 経絡の虚実に対する補瀉の法を本治法とし、それ以外の症状に対する対症療法的治療を標治法とする独特の概念である。 精気の虚を補うことと、それに伴う関連臓腑経絡への実熱の波及に対する補瀉を本治法といい、患者の主訴などに対して局所を補瀉することを標治法という。
36
(第1章)【参考文献】の13
六燃社
261 (第4章)「C.祖脈」の*の記述 祖脈という言葉は『鍼灸重宝記』に初見され、… 祖脈という言葉は『鍼灸抜萃』(喜運院子苪、1676年)に初見され、…
267

(第4章)【参考文献】の13

(追記)
木戸正雄.脈診習得法(MAM)-だれでも脈診ができるようになる-.医歯薬出版.2013.
317 古典・医書リスト (追記)
鍼灸抜萃 喜運院子苪 1676年

 

 

【第1版1刷】(追加)                                  (2016年5月現在)

ページ
訂正箇所
54
下から7行目
a.滋潤・濡養*する
a.滋潤・濡養(じゅよう)*する(「濡」に読み仮名を記載)
94 上から11行目 糟粕(うはく) 糟粕(うはく)
95 上から7行目

実熱であるため、舌質紅となり、

舌黄となる。

実熱であるため、舌質紅となり、

黄となる。

178

(5)基礎病態と関連する

伝変と波及の図

気虚と⑫の間の①

①をに修正

※下記の図A参照

264 表4-10内 
「左手 臓腑」の列
上から3行目
腎(小 腎(小

 

【図A】

02-20_shusei3.jpg

 

 

【第1版1刷~第1版2刷の訂正】                             (2016年7月現在)

ページ
訂正箇所
38 図2-1内
水穀の精
水穀の精
107 「②粛降」の
上から3行目
気道を清潔に保ち、自然の気を体内に取り込む 気道を清潔に保ち、自然の気を体内に取り込む
207 B. 舌色 上から2行目 舌色は淡紅、淡白、紅・絳、青、紫(暗)に分けられ、 舌色は淡紅、淡(淡白)、紅・絳、青、紫(暗)に分けられ、
207 B. 舌色 下から11行目 淡泊:淡紅よりも淡く、赤みが少なく白っぽいもの。気血不足や寒証に見られる。 淡(淡白):淡紅よりも淡く、赤みが少なく白っぽいもの。気血不足や寒証に見られる。
316 『脾胃論』の著者・編者 (東垣) (東垣)

 

 

【第1版1刷~第1版3刷の訂正】                             (2017年6月現在)

ページ
訂正箇所
178 下から2行目
⑪実熱が体内に存在すると、生理物質を損傷するため、気虚・血虚・精虚・陰虚が起こる。
実熱が体内に存在すると、生理物質を損傷するため、気虚・血虚・精虚・津液不足・陰虚が起こる。
207 「B.舌色」
の上から4行目
舌色は、気血の盛衰や寒熱などを反映する。 舌色は、気血の盛衰や寒熱などを反映する(図4-2)
226
「B.偏食と嗜好」
の上から7行目
五味は酸・苦・甘・辛・鹹の5つの味で、それぞれ五臓と対応する(表4-5)。
五味は酸・苦・甘・辛・鹹の5つの味で、それぞれ五臓と対応する(表4-6)。
233
上から4行目

~五臓の状態を推察する

(表4-6)。

~五臓の状態を推察する

(表4-7)。

233
表の番号 表4-6 五臓と七情 表4-7 五臓と七情
233 下から3行目 ~に影響を及ぼす(表4-7)。 ~に影響を及ぼす(表4-8)。
234 表の番号 表4-7 五臓と五労 表4-8 五臓と五労
252 下から2行目 現在、難経系腹診(図4-5)は、 現在、難経系腹診(図4-3)は、
252 図の番号 図4-5 難経系腹診 図4-3 難経系腹診
253 上から6行目 ~に紹介されている(図4-6)。 ~に紹介されている(図4-4)。
253 「B.胸脇苦満」の上から2行目

~があって入らないものをいう

(図4-6)。

~があって入らないものをいう

(図4-4)。   

254 図の番号 図4-6 胸脇苦満 図4-4 胸脇苦満
254 図の番号 図4-7 小腹急結 図4-5 小腹急結
254 1行目 図4-7)。 図4-5)。
256 下から1行目 広く用いられている(図4-3)。 広く用いられている(図4-6)。
256 図の番号 図4-3 寸口脈法 図4-6 寸口脈法
258 下から3行目 ~触知できるかを確認する(図4-4)。 ~触知できるかを確認する(図4-7)。
259 図の番号 図4-4 脈の深さ 図4-7 脈の深さ
259 図の番号 図4-5 脈の太さ 図4-8 脈の太さ
260 「(5)大・細」の上から2行目 ~あるかを確認する(図4-5)。 ~あるかを確認する(図4-8)。
261 「D. 病脈」の上から5行目 現在では主な病脈を28種としてまとめている(表4-8)。 現在では主な病脈を28種としてまとめている(表4-9)。
262 表の番号 表4-8 二十八脈の脈形と主病証 表4-9 二十八脈の脈形と主病証
263 下から1~2行目 現在では表4-9、表4-10のような配当が広く用いられている。 現在では表4-10、表4-11のような配当が広く用いられている。
264 表の番号 表4-9 六部定位と経脈 表4-10 六部定位と経脈
264 表の番号 表4-10 六部定位と臓腑 表4-11 六部定位と臓腑
264 「・三部九候診」の上から6行目 脈診部位については表4-11のとおりである。 脈診部位については表4-12のとおりである。
265 表の番号 表4-11 素問における三部九候 表4-12 素問における三部九候
266 上から7行目 一例を挙げると、図4-8のような流となる。 一例を挙げると、図4-9のような流となる。
266 図の番号 図4-8 臨床の流れ 図4-9 臨床の流れ

 

 

【新版 東洋医学概論PDFファイルははこちら】

 

pdf_icon.jpg 新版 東洋医学概論 第1版第1刷
変更・修正点 一覧
(PDF 152KB)

pdf_icon.jpg 新版 東洋医学概論 第1版第1刷~第2刷
変更・修正点 一覧
(PDF 88KB)

pdf_icon.jpg 新版 東洋医学概論 第1版第1刷~第3刷
変更・修正点 一覧
(PDF 124KB)


※PDFファイルを開くには、無償で提供されているAdobe Readerが必要です。

 

テキスト採用をご検討の学校様へ

正誤表

取扱書店一覧

iPhoneアプリ 東洋医学診断チャート

ディスプレイルーム

〒108-0075
東京都港区港南2-4-3 三和港南ビル5F
TEL 03-5461-3050
営業時間 AM10:00~PM6:00

ボディナビゲーションシリーズ