2017(第15回~第24回) はり師きゅう師用国家試験過去問題集
第1版第1刷

お詫びと訂正

本書におきまして、以下の誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

 

 

(2016年8月現在)

ページ
訂正箇所
51 解剖学
「2 骨格系」
A.骨格系の概要
問題2(第21回 問題21)
3:恥骨下前面から脛骨粗面内側部に付着する。 3:恥骨下前面から脛骨粗面内側部に付着する。
103
生理学
「8 内分泌」
A.ホルモンの特徴
問題5(第23回 問題32)
2:黄体形成ホルモンは下垂体前葉から分泌されるホルモンで、卵胞の誘起と卵胞の黄体化を促す作用を持つ。 2:黄体形成ホルモンは下垂体前葉から分泌されるホルモンで、排卵の誘起と卵胞の黄体化を促す作用を持つ。
109 生理学
「10 神経」
C.シナプス伝達
問題8(第24回 問題34)
1、3:アセチルコリンは運動神経末端部の神経・筋接合部で、アセチルコリンは興奮性に作用する。 1、3:アセチルコリンは運動神経末端部の神経・筋接合部で、興奮性に作用する。
227 臨床医学各論
「10 自己免疫疾患」
A.膠原病と類縁疾患
問題10(第20回 問題71)
赤沈促進、血清ムコ蛋白、糖蛋白、血漿グロブリン、フィブリノ-ゲン… 赤沈促進、血清ムコ蛋白、糖蛋白、血漿グロブリン、フィブリノゲン…
251 リハビリテーション医学
「1 リハビリテーションの概要」
E.地域リハビリテーション
問題6(第18回 問題84)
肢体障害者の分類で視覚障害、聴覚・言語障害、肢体不自由、内部障害のうち… 体障害者の分類で視覚障害、聴覚・言語障害、肢体不自由、内部障害のうち…
262 リハビリテーション医学
「6 脳卒中のリハビリテーション」
B.急性期リハビリテーション
問題5(第16回 問題85)
過度の血圧上昇を収縮期血圧220mmHg、あるいは平均血圧130mmHg以上としている。 安静時収縮期血圧が200mgを超えるまたは安静時拡張期血圧が110mmHgを超える場合(ただし症例ごとに検討する)としている。
272 東洋医学概論
「1 東洋医学の基礎」
B.陰陽論
問題2(第17回 問題92)
3は、津液は気に対しては陰といえなくもないが、気と津液は関連がないことから比較することが問題である。    津液のうち、陽性の水分が津、陰性の水分が液であるため、誤り。
277 東洋医学概論
「2 気血・津液の生理」
A.気
問題5(第23回 問題90)
3:「衛気」は後天の精から得られる陽性の気(水穀の桿気)であるため、正しい。 3:「衛気」は後天の精から得られる陽性の気(水穀の気)であるため、正しい。
352 東洋医学臨床論
「3 施術の基礎」
B.治療原則
問題1(第24回 問題115)
本例では顔麻痺と下肢全面の疼痛があり… 本例では顔麻痺と下肢面の疼痛があり…
353 東洋医学臨床論
「3 施術の基礎」
B.治療原則
問題3(第15回 問題126)
1は水経の金穴、… 1は水経の穴、…
 356  東洋医学臨床論
「3 施術の基礎」
C.施術に併用する物理療法
問題17(第15回 問題127)
肩関節を外転する筋肉は、三角筋および腱板を構成する筋のうち、棘上筋(中部)が担当する。
肩関節を外転する筋肉は、三角筋(中部)および腱板を構成する筋のうち、棘上筋が担当する。
 359 東洋医学臨床論
「4 症候に対する東西両医学からのアプローチ」
A.概要
問題8(第23回 問題115)
本例の主症状である背部のこわばり(陽部のひきつり)は、督脈の症状と考えることができる。督脈と通じている3:後渓を含む組み合わせが適切である。
本例の主症状である背部のこわばり(陽部のひきつり)は、督脈び陽蹻脈の症状と考えることができる。これらに通じている3:申脈と後渓を含む組み合わせが適切である。
374
 東洋医学臨床論
「4 症候に対する東西両医学からのアプローチ」
K.神経、運動器の症候
問題59(第23回 問題131)
左の骨盤が沈下する場合、左中殿筋の…
左の骨盤が沈下する場合、中殿筋の…
 385  東洋医学臨床論
「5 疾患に対する東西両医学からのアプローチ」
A.概要
問題5(第21回 問題125)
1:ヤーガソンテストは上腕骨外側上顆炎(テニス肘)のテストであり、…
1:ヤーガソンテストは上腕二頭筋長頭腱炎のテストであり、…
393 東洋医学臨床論
「5 疾患に対する東西両医学からのアプローチ」
D.循環器疾患
問題31(第23回 問題138)
これらの触知部付近にある経穴は3:太溪… これらの触知部付近にある経穴は3:太
398 東洋医学臨床論
「5 疾患に対する東西両医学からのアプローチ」
I.運動器疾患
問題48(第24回 問題125)
外旋に関与する筋(棘上筋)… 外旋に関与する筋(棘下筋)…
418 はり理論
「1 鍼の基礎知識」
A.毫鍼
問題1(第21回 問題141)
…1番(0.16mm)号鍼と呼称する。 …1番(0.16mm)は16号鍼と呼称する。
423

はり理論

「2 基本的な刺鍼方法」

B.基本17手技

問題17(第16回 問題142)

【解説】随鍼術は患者の呼気時に鍼を刺入し、吸気時に鍼を止める手技。……(以下省略)
正解2

【解説】鍼尖転移法は問題18の解説を参照。

正解1

テキスト採用をご検討の学校様へ

正誤表

取扱書店一覧

iPhoneアプリ 東洋医学診断チャート

ディスプレイルーム

〒108-0075
東京都港区港南2-4-3 三和港南ビル5F
TEL 03-5461-3050
営業時間 AM10:00~PM6:00

ボディナビゲーションシリーズ