WHO/WPRO標準経穴部位 -日本語公式版-

WHO/WPRO標準経穴部位

『WHO STANDARD ACUPUNCTURE POINT LOCATIONS IN THE WESTERN PACIFIC REGION』を第二次日本経穴委員会が監訳。WHO西太平洋地域事務局(WPRO)が定めた標準経穴部位(世界共通のツボの位置)がすべて網羅されているほか、1965年から開始された国際的な経穴関連活動の決定事項、日本語公式版の参考文献、索引など日本語公式版オリジナルの付録も充実!

 


第二次日本経穴委員会とは........
WHO西太平洋地域事務局(WPRO)から経穴部位の国際標準化に関する参加要請を受け、(社)全日本鍼灸学会、(社)日本東洋医学会、(社)東洋療法学校協会、日本理療科教員連盟、(社)日本鍼灸師会の運営5団体を母体として、2004年の4月に発足。経穴部位国際標準化公式会議をはじめ、日本、中国、韓国による11回の会合に参加してきた。


標準経穴部位とは........
WHO/WPROが推進する伝統医学における標準化作業の1つ。2003年10月にマニラでWHO第1回経穴部位国際標準化に関する非公式諮問会議が開かれ、2006年11月に日本において世界の専門家による会議で、標準経穴部位が合意に至った。『WHO STANDARD ACUPUNCTURE POINT LOCATIONS IN THE WESTERN PACIFIC REGION』は、
その標準経穴部位が正式に記されたWHO/WPRO発行の書籍である。

 

 

ISBN:978-4-7529-1117-3
原著WHO西太平洋地域事務局
監訳第二次日本経穴委員会
仕様B5判 306頁
発行年月2009/03/25
1117-3
定価 本体 4,500円+税
ご購入はこちら(Ido Net Shoppingへ)

ページサンプル

sample1117_3.jpg

テキスト採用をご検討の学校様へ

正誤表

取扱書店一覧

iPhoneアプリ 東洋医学診断チャート

ディスプレイルーム

〒108-0075
東京都港区港南2-4-3 三和港南ビル5F
TEL 03-5461-3050
営業時間 AM10:00~PM6:00

ボディナビゲーションシリーズ