鍼灸 本当に学ぶと云うこと

鍼灸 本当に学ぶと云うこと

「はり100本」でおなじみの竹村文近氏が、鍼灸師向けに初の書き下ろし。
  第1部では本誌2013年1月号から2014年12月号まで連載したエッセイ「本当に学ぶと云う事」を加筆・修正して再録。著者が生徒に教えるなかで得られた気づきなどをもとに、患者を元気にする「鍼灸師の生き方」とは何かを追求する。
  第2部では、臨床技術を紹介する。竹村氏の治療法の根本に位置づけられる「基本治療」と各疾患別に追加する施術を、豊富な写真・図版を用いて追試しやすいように詳しく解説する。
  第3部では、著者の患者である各界の著名人が、患者視点から鍼灸治療に寄せる信頼、鍼灸師に求めるものについて語る。

ISBN:978-4-7529-1150-0
著者竹村文近
仕様A5判 244頁
発行年月2016/6/17
1150-0
定価 本体3,600 円+税
ご購入はこちら(Ido Net Shoppingへ)

目次

●第1 部 本当に学ぶと云うこと

壱 あなたがたは、本当に鍼灸師になりたいのですか?
弐 あいさつ
参 身なりも治療の一つ
四 掃除は鍼灸治療の原点だ
五 お花は生き物です
六 鍼灸師のお昼ごはん
七 メモを取るな
八 自分に限界をつくらない
九 互療
拾 鍼灸は雑学だ
拾壱 合掌は治療家としての基本の動作
拾弐 身体に効く音階
拾参 無音の空間に身をさらす
拾四 まさに即興治療の実践だ
拾五 歩くことは呼吸すること
拾六 治療は時間をかければいいというわけではない
拾七 他力本願にさせない
拾八 気配を感じる
拾九 開業は早ければ早いほどよい
弐拾 腰と鬱、夏の冷えに要注意
弐拾壱 即興治療
弐拾弐 はじめの一歩を忘れない
弐拾参 科学的根拠のないのが鍼灸施術

 

●第2 部 はり100本 臨床編

1 身体を整えるための基本治療
2 肩の疾患に対する治療
3 手・肘の疾患に対する治療
4 膝関節周辺の疾患に対する治療
5 足の疾患に対する治療
6 頭部・顔面部に対する治療
7 腰痛に対する治療
8 呼吸器系疾患に対する治療
9 妊婦さんに対する治療
10 不妊症に対する治療
11 傷跡・手術痕に対する治療
12 腎疾患と糖尿病に対する治療
13 かき鍼を用いた治療
14 がん・再生不良性貧血に対する治療

 

●第3 部 新・鍼を打つ人、打たれる人
山下洋輔×大友良英×竹村文近
加賀まりこ×竹村文近

ページサンプル

 

 

 

 

テキスト採用をご検討の学校様へ

正誤表

取扱書店一覧

iPhoneアプリ 東洋医学診断チャート

ディスプレイルーム

〒108-0075
東京都港区港南2-4-3 三和港南ビル5F
TEL 03-5461-3050
営業時間 AM10:00~PM6:00

ボディナビゲーションシリーズ