よくわかる経絡治療 脈診ワークブック

よくわかる経絡治療 脈診ワークブック

あやふやな脈診を、データに残してクリアに!

  脈の特徴を描き入れる「脈図」を使って、脈を可視化する方法を伝授。ただ指先の感覚を鍛えるだけの脈診でなく、客観的なデータとして蓄積することで幅広い患者に対応できるようになります。さらに、より臨床で生かしやすいように、経絡治療の各証ごとの脈の特徴を解説。祖脈診、六部上位脈診を読み解き、「どうしてそのようなスコアがつくのか」逆説的に学べます。冒頭には脈診の基本も丁寧に説明しているので、初学者でも楽しく脈診にチャレンジできます。

 

よくわかる経絡治療 実践トレーニング

ISBN:978-4-7529-1158-6
著者大上勝行
仕様B5判 152頁
発行年月2018/1/20
1158-6
定価 本体3,400 円+税
ご購入はこちら(Ido Net Shoppingへ)

目次

1章 脈診とは
2章 脈診の基本技術
3章 脈図の書き方を知る
4章 祖脈の特徴と組み合わせ
5章 脈状
6章 証と脈図
7章 病と脈の変化

 


『はじめに』ー脈診習得のコツー

 

■脈診を可視化しよう

経絡治療をマスターする際の難関の一つに、「脈診の習得」が挙げられます。脈診は指先の感覚が大切な上に、自分の感覚と人の感覚とのすりあわせが難しいため指導や共有がしにくく、それが習得の壁になっています。

本書では脈図を用いて脈診を可視化することで、感覚的であやふやな脈診を理解しやすくし、誰もが習得できることを目的としています。そのために本書で達成すべきことは、主に下記の2つです。

 

①指先の感覚を脈図に書き起こせるようにする。

②脈図から、身体の中で何が起こっているかを読み取れるようにする。

 

正しい脈の診方を身につけて、脈の意味を考えながら練習していけば、脈診は必ず習得できます。その際、問診や腹診など、患者から得られる他の情報のフィードバックをしながら診察していけば、脈診だけでなくその他の診察法も上達し、その結果、より多くの患者さんを楽にすることができます。

 

■章立て

それでは各章の内容を紹介します。全体像をつかんでから、読み進めてください。

 

1章 脈診とは?

ただやみくもに脈を診続けても、脈診は上達しません。しかし、何を診ているのか、何がわかるのかという脈診の仕組みを知って練習すれば、その習得は早くなります。この章ではまず大前提として脈診の意味を知り、その上で脈図やその読み方に入っていきます。

 

2章 脈診の基本技術

刺鍼の実技と同じように、脈診にも正しい診方、コツがあります。この章では、無理のない姿勢から、負担の少ない脈診の仕方を紹介しています。安定した脈診を身につけることで、正確な情報を得ることができます。

 

3章 脈図の書き方を知る

脈診を可視化することで、チェックや学習がしやすくなり、習得しやすくなります。また、虚実を虚実・強弱・大小・高低と細分化することで、あいまいさをできるだけなくすようにしました。

 

4章 祖脈の特徴と組み合わせ

脈図の根幹となる祖脈の特徴と病理を理解します。さらに祖脈の組み合わせの性質を知ることで脈状の理解に繋がります。

 

5章 脈状

本書では、脈状を「祖脈の組み合わせ」の延長としてとらえています。それぞれの脈状の形状、病理、治療について解説しています。

 

6章 証と脈図

経絡治療は証に従って治療します。各証によって病理、病症が異なり、当然脈も違ってきます。この章では証ごとに脈図を紹介し、特徴と治療について解説しています。証の分類は図解よくわかる経絡治療講義(医道の日本社)に準じます。

 

7章 病と脈の変化

病気は快方に向かうにせよ、進行するにせよ、一ヵ所に留まることはありません。それに従って病理も変化し、脈も変化します。この章ではいくつかの病症を題材に、その病理や脈の変化について解説しています。

 

■脈診を武器にしよう

脈診はたしかに最初から理解することは難しいですが、本書を読み、試行錯誤を繰り返しながら練習を続ければ、きっと脈診を自家薬籠中の物とすることができるでしょう。そうすれば脈診は、あなたの強力な武器になってくれるはずです。

ページサンプル

 

 

 

著者インタビュー

img01.jpg

――『よくわかる経絡治療実践トレーニング』、『よくわかる経絡治療実践トレーニング脈診ワークブック』2冊同時発刊おめでとうございます。本書は、主にどんな方に読んでいただきたいですか?


『実践トレーニング』の内容は、いままで講習会で指導してきたことをまとめたものです。前半部分は、取穴や刺鍼技術の解説に大きく割いています。このあたりは、経絡治療の初心者はもちろん、臨床に経絡治療を取り入れていない鍼灸師の方にも参考になると思います。

みなさん、意外と基礎がおろそかになっているところがあります。素晴らしい技術も小さな基礎の積み重ねです。そのあたりを再チェックしていただきたいです。

 

『実践トレーニング』の後半は「いかに鍼を効かせるか」の解説です。補瀉の技術について、細かく分類・整理して説明しています。目に見えない「虚実」という概念を理解し、その補正を「補瀉」という手技で実現するという感覚的で捉えどころのないものを、できるだけイメージしやすく、形にできるように解説しました。経絡治療の定型をマスターし、次のステップを目指している方に読んでいただきたいです。

img_jisen.jpg

『脈診ワークブック』は、脈診という感覚的で形にできないものを、「脈図」をつけることにより可視化して理解しやすくしました。脈診初心者や、いままで何度か脈診にトライして挫折した方におすすめです。img_myakushin.jpg

経絡治療といえば六部定位脈診ですが、そこに祖脈診・脈状診をどう取り入れていくか、どう利用するか、についても丁寧に解説しています。病理病症を理解するには祖脈診・脈状診が必要になります。脈診の基礎から順序立てて書いているので、学生のみなさんも、ぜひお読みください。

 

――臨床に生かしやすいように、意識して執筆されたポイントなどありますか?

 

経絡治療のいいところは、初心者には初心者の経絡治療があり、上級者には上級者の経絡治療があるということです。そしてそれは、小さな知識・スキルのひとつひとつを学習や修行によって積み上げることで、段階的に身についたものだと思います。

『実践トレーニング』も『脈診ワークブック』も、それぞれ実技・脈診について、初歩から細かく丁寧に説明しています。初心者はもちろん、中級・上級の人にも再発見や再確認でき、普段の臨床に取り入れていただけるよう意識して書きました。

 

――『図解よくわかる経絡治療講義』発刊から3年、大上先生の中でさらなる発展があった、技術や理論などがあれば教えてください。

 

夏期大学などで、毎年講義するたびに新しく発見したことを加えたり、取捨選択したり、順番を変えたり、バージョンアップを繰り返してきました。

『実践トレーニング』では、陰陽虚実の程度や質と補瀉の技術の組み合わせについて、より細分化して説明しています。

また、『脈診ワークブック』では、それぞれの脈状についての解説を詳しくするだけではなく、病症の変化との関係についても言及していますので、病症病理の理解にも役立つと思います。

これは講義の受講生との質疑応答などを経て、必要な情報をどんどん加えてブラッシュアップした結果かと思います。

 

――最後に一言お願いいたします。

 

 

「経絡治療」と銘打ってますが、その他の流派の方にも参考になると思います。経絡治療初心者、経絡治療の次のステージを模索している方、経絡治療を色眼鏡で見ている方、いろんな人に読んでいただきたいです。きっと「経絡治療」のイメージが変わると思いますよ!

よくわかる経絡治療 脈診ワークブック

大上勝行

近畿大学薬学部、大阪鍼灸専門学校(現・森ノ宮医療学園専門学校)卒業。池田政一に師事。 おおうえ薬局治療院院長。 経絡治療学会理事。主な著書に『図解 よくわかる経絡治療講義』(医道の日本社・刊)などがある。

テキスト採用をご検討の学校様へ

正誤表

取扱書店一覧

iPhoneアプリ 東洋医学診断チャート

ディスプレイルーム

〒108-0075
東京都港区港南2-4-3 三和港南ビル5F
TEL 03-5461-3050
営業時間 AM10:00~PM6:00

ボディナビゲーションシリーズ