月刊『医道の日本』について

蓬松

月刊雑誌『医道の日本』は1938年10月、日本高等鍼灸学院(柳谷素霊校長)の同窓会誌『蓬松』(1937年5月創刊)を引き継ぎ、戸部宗七郎によって、『医道の日本』として創刊された(B5判・8頁)。2年後、1940年1月号よりA5判・縦組に変更され、2001年1月号にB5判・横組となるまで60年間、同一判型で発行された。

 

1941年、戦争が激しくなり、当局の命令によって3月号をもって『漢方と漢薬』に合併され休刊となり、戦後1946年4月号で復刊第1号として発刊された。小さな雑誌は戦争により大きな影響を受けたが、以後60数年間、日本の代表的な鍼灸専門雑誌として発行され、2009年1月号で通巻784号となり、そして2010年5月には800号を向かえる。さらに1000号を目標に発行中である。

これまで通巻200号、300号、400号、500号、600号、700号の節目、節目の記念の号では大特集を組み、読者から多くの支持と高い評価をうけ、業界にその存在を強くアピールしてきた。
70数年にわたる一貫した編集方針は、鍼灸臨床分野においては、現代医学の進歩を注視しながら、一党一派に偏ることなく、流派にこだわらず、鍼灸の科学化と伝統的なものの良さをミックスしながら幅広く構成している。

  月刊『医道の日本』 月刊『医道の日本』 月刊『医道の日本』

また鍼灸の教育、学会、研究、保険問題などについては、広く社会、医療の流れの中で、斯業がいかにあるべきかをコンセプトに、この業の進展を一貫して追求している。
編集内容は鍼灸専門誌として、臨床記事を重視し、日々の臨床に役立つ記事、症例報告を柱としている。
また教育、業界、保険問題などを深く掘り下げ方向を示し、さらに国際的な鍼灸学会、経絡経穴の国際統一についても力を入れ、また多くの論争、アンケート調査、鍼灸院経営、故人の追悼、随想、研究会、ニュースなどタイムリーにとりあげている。

 

その時代、その時代の鍼灸の、鍼灸師の動きが余すことなく収載されており、『医道の日本』を読めば鍼灸のすべてが分かると言われている。また鍼灸だけではなく、あんまマッサージ指圧、カイロプラクティックなどの手技療法、また美容鍼灸やスポーツ鍼灸、介護問題なども取り上げ、読者のニーズに応えている。

代田文誌先生 間中喜雄博士

文学界の「芥川賞」「直木賞」に倣い、鍼灸界に「代田賞」「間中賞」を設けたのも特筆されよう。1977年、鍼灸学術の発展に寄与することを目的に創設された代田文誌先生の「代田賞」を、また1986年には科学的視点だけでない融通無碍の間中喜雄博士の「間中賞」を創設して、それぞれ副賞賞金30万円の授与、授賞論文の発表を行ってきた。

代田賞は2009年で33年目33回の表彰を向え、また間中賞は2008年に終了するまで23年間23回の授賞を行い、鍼灸学術の発展に少なからぬ役割を果たしてきた。

 

会社概要