主な記事

臨床記事

1946年、今日でもバイブルのように読まれている『経絡治療講和』の基となる連載が井上恵理氏、本間祥白氏により始まっている。1951年には赤羽幸兵衛氏による「知熱感度測定法」の第1報が掲載され大反響となり、それから赤羽氏は、鍼灸界の大発見ともいわれる「皮内鍼」を発明し、鍼灸治療法の発展に多大な功績があった。
1972年ごろより中国の鍼麻酔がマスコミに連日のように取り上げられ1973年には「鍼麻酔研究号」の特集を発行した。1983年の大村恵昭博士の「バイデジタルO-リングテスト」はセンセーショナルな発表であった。
1957年の座談会「坐骨神経痛」を始まりとして、鍼灸臨床の第一者による座談会、特集が毎月のように組まれ、臨床記事の充実が計られている。近々では現代医学の医師を交えて、現代医学の最新の考え方と鍼灸臨床の実際を組合わせる形で「疾患別特集」が連載されている。
代田文誌氏による「鍼灸臨床ノート」、東京都症例検討会による「症例報告」、筑波大学理療科による「診療録」、日産玉川病院東洋医学科による「鍼灸臨床生情報」、西田皓一氏による「東洋医学見聞録」、「FACT誌関係論文」などなど多くの報告が連載となり、明日から役立つ症例報告として、読者から厚い支持を受け3年、5年と長期にわたる連載となっている。好評により単行本となって連載は数知れない。

論説

柳谷素霊氏 柳谷素霊氏

1946年から1956年まで巻頭を飾った柳谷素霊氏による「巻頭言」は、戦後の鍼灸界を導く提言であった。
1948年、芦田定蔵氏の「鍼灸の科学性」、鍼灸界の重鎮を集めた座談会「これからの鍼灸を語る」は、鍼灸が存続するためには鍼灸を科学的に研究するべきだとの新しい方向性を示した論文となった。

1958年「鍼灸治療の適応と限界」、この頃より鍼灸は万能の考えから鍼灸の適応と限界が語られ始めた。

1952年、米山博久氏の「経絡否定論」が掲載されると、経絡の肯定、否定、折衷と別れて大論争となった。1967年には「鍼灸の科学化」について、出端・竹山論争が起こる。
また「耳のハリで痩せるか」の論争、「五十肩で鍼は効かない」の五十肩論争、など多くの論争が紙面を賑わした。
1977年、特集「鍼灸と現代医学との関連はいかにあるべきか」は、出端氏、島田氏など当時の論客がまさに雌雄を決する勢いで書き上げた特集となった。

  米山博久氏 出端昭男氏

国際鍼灸

シュミット博士

1953年、ドイツ・シュミット博士が来日し座談会「国際鍼灸座談会」が企画され、鍼灸の国際化の夜明けを伝える。
1965年「第1回国際鍼灸学会」が東京で開催され、口絵写真、印象記などで大々的に取り上げた。
以後北朝鮮の「ボンハン学説」、「第2回・第5回国際鍼灸学会」、「中国鍼灸・鍼麻学術討論会」、「WHOの鍼に対する見解・ガイドライン」、「アメリカNIH合意声明」など鍼に関する世界の動向を逐一に報道。

また「WHOによる経穴部位の国際標準化」については、1983年から2009年まで第1次、第2次の日本経穴委員会の活動のすべてを報告し、ついに2008年、「経穴部位の国際標準化」が達成された。微力ながら本誌の報道もその実現の一助になったかと思う。

国際鍼灸学会

業界問題

終戦後、いわゆる「マッカーサー旋風」により、誌面は埋められる。
アメリカGHQから鍼灸按禁止の要望がでて、全国10万余の業者が集会、請願などを行い業界が騒然となった。
1947年の誌面には業界の必死の様子がうかがえる。その反対運動により1947年に身分法「あん摩、はり、きゅう、柔整、等営業法」が成立し、その詳細を掲載。今日の国家資格の礎となった法律である。1988年の「あはき法(法律217号)」の大幅改正など、あはき師の身分に関する法改正は注視して掲載している。

終戦後の『医道の日本』 終戦後の『医道の日本』

1947年から今日まで日本鍼灸師会、全日本鍼灸マ師会の代議員会・総会は、保険問題を含め業界の動きを広く読者に伝えるべく、その議事を報道。1981年、山下久三夫氏らにより「AMT制度」が提案され、3年にわたって賛成、反対と誌面は沸いた。認定鍼灸師、既得権にかかわる問題の難しさが表面化した。

その他

草堂茶話

業界アンケート、調査については、1971年には小誌読者を対象にした第1回、2回、3回、4回と「現代鍼灸業態アンケート」を実施し、誌上で結果を発表。そのほかに鍼灸大学、専門学校、東京都、神奈川県などが実施した、多くのアンケート調査を掲載している。
柳谷素霊氏を始め昭和鍼灸界に活躍してきた多く巨星がなくなり、その訃報・追悼文を掲載し、故人を偲んでいる。
随想は、和田正系氏の「草堂茶話」、間中喜雄氏の「ちぐあん随筆」、上地栄氏の「鍼灸老舗の人々」、大河原淳行氏の「短歌欄」などなど、長期の連載が多く、中には100回、10年を超える連載もあり、肩の凝らない息がつける読み物として読者の絶大の人気を得てきた。

日本の情報を世界へ、世界の情報を日本へ

そして、現在では鍼灸治療、あん摩マッサージ指圧をはじめとする各種手技療法、トレーナーを中心としたスポーツ医学、代替医療など様々な治療法を取り上げるとともに、研究結果や経営トピック、介護保険情報、教育関連情報、関係法規までも掲載。さらにそれらの情報は国内に限らず、韓国や中国、アメリカなどの研究者、治療者と連携しながら、海外のトピックスや治療法を積極的に紹介している。

国家試験問題集はり師きゅう師用 役立つ使える 鍼灸鍼法 楽しくわかる経絡治療 漫画ハリ入門 オイルマッサージ教本 クリニカルマッサージ ボディ・ナビゲーション 痛みの臨床に役立つ手技療法 ASTR

会社概要