【DVD】明日からできる! 福辻式骨盤調整法

【DVD】明日からできる! 福辻式骨盤調整法

  骨盤や腰痛改善などに関する数々の著作で知られる福辻鋭記氏が、骨盤調整のテクニックについて、わかりやすく解説したDVDの登場です。
  身体の要である骨盤にゆがみやズレがあると、骨盤内の血行を妨げ、婦人科疾患や泌尿器疾患などを来たしやすくなります。また、脊柱や頭部、下肢にも負担をかけ、肩こり、頭痛、腰痛、膝痛といった痛みの原因にもなります。
  本DVDでは、骨盤のゆがみやズレごとに、効果的なアプローチを紹介。骨盤の診方から、調整法など、福辻氏が日々の臨床で実際に行っている技を披露します。

ISBN:978-4-7529-0158-7
出演福辻鋭記
巻数1
時間約75分
発売年月2016/04/25
IVD0158-7
価格 本体8,800円+税
ご購入はこちら(Ido Net Shoppingへ)

内容

■骨盤の仕組みとずれ
■骨盤の8つのずれに応じた調整法
・ねじれ
・水平方向の傾き
・上下のずれ
・前後のずれ
・開きすぎ・閉じすぎ
・仙腸関節のずれ
・恥骨のずれ
・尾骨のずれ
■福辻式骨盤調整法
・骨盤周囲の筋肉をほぐす
・伏臥位での調整法
・仰臥位での調整法

 

 

<サンプル動画>

出演者インタビュー

0158_7_top.jpg

臨床歴30年以上の福辻鋭記先生は、これまでに、のべ5万人以上の患者さんを治療してきました。そんな福辻先生は、「身体の不調のほとんどは、骨盤にも関 係している」と言い切ります。DVD『福辻式骨盤調整法』発売にあたり、骨盤調整を治療に取り入れるポイントについて、福辻先生にお話を伺いました。

――福辻先生は以前から、「治療では骨盤が重要」だとおっしゃっていますね。

 

福辻  身体の要は骨盤ですから。やはり、身体の治療においても、骨盤が重要になってきます。
  私は、治療院に来るほとんどの患者さんに対して、骨盤調整を行っています。もちろん、施術対象外の患者さんもいらっしゃいます。骨粗鬆症や感染症、ぎっくり腰、外傷などを抱えている方には、やってはいけません。そういう疾患・症状の方以外で、状態を悪化させる危険性がなく、主訴に効果的だと判断すれば、鍼治療の合間に行っているんです。
  例えば、肩こりや、慢性の腰痛の患者さんが来院したとします。私の治療の基本は鍼と灸です。そこで、どうやって骨盤調整を取り入れるかというと、まず伏臥位で鍼をして、施灸して、そのあとに仰臥位になってもらう前に、徒手で骨盤調整を行うんです。そして仰臥位でも同様に、鍼と灸のあとに、骨盤調整を組み込んでいます。
  DVDでは、伏臥位と仰臥位の骨盤調整を、いっぺんに続けて行っています。これが絶対ではなくて、私の臨床のように鍼治療に合わせて、分けて取り入れてもかまいません。一人の患者さんを治療できる時間は限られていますから、効率性を求めることも重要です。

 

 

――DVDでは、さまざまな骨盤調整のテクニックを紹介されていますね。

 

福辻  骨盤のずれのタイプごとに、そのずれに対応した調整法を紹介しています。私は、骨盤のずれを8つに分類しているんです。「ねじれ」「水平方向の傾き」「上下のずれ」「前後のずれ」「開きすぎ・閉じすぎ」「仙腸関節のずれ」「恥骨のずれ」「尾骨のずれ」です。
  患者さんの骨盤をよく診ると、この8つのうちのどれかに当てはまるずれが生じていることがほとんどですね。ただ、実際は、徒手の調整法よりも、ずれを見分けることのほうが難しいんです。
  そこで、ある程度どのようなズレにも対応できるように、いくつかのアプローチを組み合わせた一連の流れが、今回のDVDで紹介した「福辻式骨盤調整法」なんです。
  骨盤の治療で、特に申し添えておきたいポイントは、骨盤周囲の筋を緩めることですね。筋をほぐして、緩めてあげることによって、骨盤が動きやすくなりますから、調整もしやすくなります。DVDで紹介している骨盤調整を行う前に、筋をほぐして緩めることに注意してください。

 

 

――オススメの骨盤調整法はありますか?

 

福辻  骨盤調整は徒手療法が主体ですが、タオルを使って簡単にできるものもあります。タオルを使った調整法は、治療家が患者さんに行わなくても、やり方を患者さんに教えてしまえば、患者さんが自宅でできますから、セルフケアとしてもおすすめです。
  骨盤の「前傾」と「後傾」の2つに対応するタオル調整法を、以下に紹介します。

 

 

■骨盤の前傾に対するタオル調整法

0158_7_zu1.jpg

患者は伏臥位。腸骨上部の周辺から恥骨の方向へ、巻いたタオルを差しこむ。左右両側に同じようにタオルを設置し、タオルとタオルがつくる角度は90度程度。約5分、その状態を保つ。

 

 

■後傾に対するタオル調整法

0158_7_zu2.jpg

大転子の周辺から、斜め上に向かって、巻いたタオルを差しこむ。左右両側に同じようにタオルを設置し、2つのタオルが「ハ」の字の形になるようにする。約5分、その状態を保つ。

 

 

――ありがとうございました。最後に、これから骨盤調整を取り入れてみようとする治療家の皆さんに一言お願いいたします。

 

福辻  DVDでは、私が治療で行っている骨盤調整法を、できるだけわかりやすく紹介しました。骨盤調整を鍼治療や指圧治療などに、プラスアルファとして加えると、患者さんにとても喜ばれることが多いです。
  皆さんの明日からの臨床に役立てていただけたら、うれしく思います。

【DVD】明日からできる! 福辻式骨盤調整法

●福辻 鋭記(ふくつじ としき)

鍼灸マッサージ師。1944年、奈良県生まれ。82年、東洋鍼灸専門学校卒業。85年、東京都・五反田にアスカ鍼灸治療院を開設。30年以上の臨床経験で、のべ5万人以上の治療実績をもつ。日中治療医学研究会会員、日本東方医学会会員。

iPhoneアプリ 東洋医学診断チャート

ディスプレイルーム

〒108-0075
東京都港区港南2-4-3 三和港南ビル5F
TEL 03-5461-3050
営業時間 AM10:00~PM6:00

ボディナビゲーションシリーズ