業界ニュース

法的な資格制度がない医業類似行為
受療は慎重にと消費者庁が公表 [2017.05.29]

消費者庁は526日付けで、法的な資格制度がない医業類似行為(整体やカイロプラクティック、リラクゼーションマッサージなど)の施術を受療する場合の、注意を促す資料を公表した。資料では、法的な資格制度がない医業類似行為の施術による事故が、平成2191日から平成293月末までの期間に1,483件登録されていると伝えた。また、そのうち治療期間が1カ月以上となる神経・脊髄の損傷などの事故は、全体の約16%である240件に上っていると示した。

消費者庁は消費者への注意を促すとともに、関係業界団体に対して「業界自主基準の作成や拡充を図ること」「消費者からの相談を受け付ける体制を整備すること」など、安全対策を徹底するよう要請したとのこと。

 

資料で消費者に促している注意点は以下の通り。

1)疾病がある方は施術を受ける前に医師に相談しましょう。

2)情報を見極めて、施術や施術者を慎重に選びましょう。

3)施術を受ける際は、施術者に自分の体調や希望をしっかりと伝えましょう。

4)施術を受けたあとで異常を感じた場合は、すぐに施術を受けた施設や運営者に伝え、なるべく早く医師に相談しましょう。

5)トラブルの解決が困難な場合は、お近くの消費生活センターなどに相談しましょう。


参考リンク: 法的な資格制度がない医業類似行為の手技による施術は慎重に (※消費者庁サイト)

業界ニュース&トピックス

ディスプレイルーム

〒108-0075
東京都港区港南2-4-3 三和港南ビル5F
TEL 03-5461-3050
営業時間 AM10:00~PM6:00