トピックス

劉勇氏の急性腰痛治療
その技術と治療の組み立て方法がわかる「臨床勉強会」にお邪魔しました。 [2011.03.18]

日本で鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の免許や医学博士を取得後、数々の著名人やスポーツ選手の治療に携わってきた劉勇氏。劉氏の治療は『劉勇の疾患別臨床鍼灸・テクニック』(書籍/医道の日本社)や『劉勇先生の疾患別臨床マッサージ全集』(DVD/丸善)などの著作やDVDでも学べますが、劉氏に直接指導を受けたいという鍼灸マッサージ師の要望に応え、昨年から劉臨床塾が立ち上がり、様々な講座を開催しています。今回はその中から、2月27日に行われた「臨床勉強会」の「3回で治す運動器系疾患」第1回目にお邪魔しました。テーマは急性腰痛です。

同講座は、劉勇氏がデモンストレーションを行った後、参加者が2人1組でベッドにわかれて練習を行うスタイルをとっています。少人数限定で、この日の参加者は12人。近畿や東海地方など遠方からの参加者の姿も見られます。時間は13時から17時まで、場所は劉勇氏の治療院の1つ、Liu マッサージ・ハリ HARI-UP(ハリアップ)で行われました。

 

topics_110315_02.jpg
会場となった、青山にあるLiuマッサージ・ハリHARI-UP
写真は受付

 

 

まず劉氏があいさつを行ったあと、急性腰痛について概説。病態の説明から治療に対する考え方が述べられました。続いて、治療を披露。首の指圧と刺鍼から入り、腰部と膝窩部を治療したあと、アキレス腱のマッサージに加え、内関の内側周辺に鍼を打ちます。

 

topics_110315_03.jpg topics_110315_04.jpg
冒頭に急性腰痛の概要と
治療の考え方について説明する劉勇氏

劉氏による治療の実演がスタート

 

 

腰なのになぜ首から治療を?と思ってしまいますが、劉氏によると首は重い頭を支える軸になっており、ここを緩和することが、腰痛治療の効果を上げることにつながると言います。手順は数分のマッサージと天柱、完骨あたりの刺鍼です。「天柱、完骨あたり」と説明があったのは、治療するポイントは患者によって異なるからだそうです。劉氏いわく「このツボでなければいけないというのはない。治療は体をよく見て行うものだ」。また、首には雀啄していましたが、「置鍼」「雀啄」「刺入後、すぐ抜鍼(置鍼をしない)」は全部意味が違うそうです。参加者に対しては「動けなくなるから、急性腰痛の重い患者さんには置鍼しないように」とアドバイスがありました。

 

topics_110315_05.jpg
急性腰痛に対して、劉氏は腹臥位で治療を行っている
足部にはクッションを必ず入れる

 

 

続いて腰部と膝窩部の治療に移ります。指圧してほぐした後、腰部は圧痛点に刺鍼、膝窩部は委中、陰門あたりに刺鍼します。ここへの刺鍼も深さや角度、響かせるか響かせないか細かい指示が劉氏から飛びました。そして最後はアキレス腱周囲の治療です。ここが劉氏の腰痛治療のポイントになっているようでした。

 

topics_110315_06.jpg
腰部の治療

 

 

その後、2人1組で治療の練習を参加者は行っていましたが、その間も劉氏は、術者の立ち位置や鍼の入れ方、鍼の角度や深さなど、参加者の手を取って指導したり、実際にやってみせたり、各ベッドを行き来していました。

 

topics_110315_07.jpg
参加者の練習中も各ベッドを回り、指導を行う
劉氏以外にも複数の講師が指導を行っていた

 

 

腰痛は鍼灸院に来る患者の愁訴として最も多い病態の1つです。ですが、誰もが簡単に治せるわけではないと聞きます。劉氏も「今日教わったからといってすぐにできるわけではない」と述べています。しかし、細かい治療のコツを指導してもらえることが、今後、学習を続け、「臨床を10年、20年と続けていく中で、確実に差が出てくる」と劉氏は言います。実際、劉氏の腰痛治療を、参加者らは何度も繰り返し練習し、劉氏だけでなく、講師数人がそれをつきっきりでフォローしていました。

 

topics_110315_08.jpg
アキレス腱の治療を実際にやってみせる劉氏
内関の内側あたりに鍼を入れている。

 

 

また劉氏は参加者に向けて、次のようなアドバイスも述べました。 「西洋医学で治療が難しいものを、すぐに100%治すことは難しい。完璧を求めてはいけない。ただ、歩けなかった患者を歩いて帰せるようにすること、履けなかった靴下を履けるようにすること、それだけで患者さんからの印象は全然違います。そこを目指してがんばりましょう」 実技指導では、汗をかきながら熱心に指導していた劉氏。劉氏はおそらく治療中も同様にエネルギッシュで、患者を励まし続けているのでしょう。そういった姿勢からも学ぶべきことが多い講習会という印象を受けました。

 

なお、劉臨床塾では今回紹介した「臨床勉強会」のほか、「6カ月完成」と「3カ月完成」から成る少人数制マンツーマン指導の「マッサージ単科」「ハリ単科」、実践型の「臨床セミナー」なども行われています。詳細は劉臨床塾事務局(電話03-5447-5621 http://www.koritoreru.com/manabi.html)まで。

 

 

業界ニュース&トピックス

ディスプレイルーム

〒108-0075
東京都港区港南2-4-3 三和港南ビル5F
TEL 03-5461-3050
営業時間 AM10:00~PM6:00