トピックス

代替医療体験レポート Come on,CAM! 第5回 全身温熱療法ソアラ [2012.11.12]

さまざまな代替医療の治療法を実際に体験して紹介する本コーナー。第5回は、東京都品川区にある「東京ソアラクリニック」にお邪魔して、「全身温熱療法ソアラ」を体験してきました。局所だけでなく、全身を温めるという新しい温熱療法にはどのような効用があるのでしょうか。

■全身温熱療法ソアラとは

 

「全身温熱療法ソアラ」は、がん治療などで用いられている温熱療法の1つ。一般的に温熱療法と言うと、がんの患部などの局所を温めて、がん細胞を死滅させるもの(いわゆるハイパーサーミア)だが、この「全身温熱療法ソアラ」は名前の通り、全身を温めて血流を増加させ、代謝機能や免疫機能を向上させるのが特徴だという。この治療法を研究している医学博士、東京ソアラクリニックの奴久妻(ぬくづま)智代子氏に話をうかがった。

 

topics_121112_2.jpg

東京ソアラクリニック院長・福田智信氏

 

topics_121112_3.jpg

同クリニック・奴久妻智代子氏

 

「全身温熱療法ソアラの原理は、全身を温めることで好気性のエネルギー代謝を促進し、体内調節系や熱ショックたんぱく質(HSP)を賦活させます」

 

エネルギーの合成は主にミトコンドリアで行われるが、血流が悪くなると組織が酸素不足に陥り、ミトコンドリアでのエネルギー産生が低下して低体温を招き、また酸素不足ががんにかかわる遺伝子を暴走させ、がん細胞の浸潤の原因になるおそれがある。全身温熱療法ソアラでは体温を2度上昇させるように施術するが、これによりおよそ5倍の血流量増加が期待できるという。また、体温上昇によって自律神経系、内分泌系、免疫系をまとめて活性化することをねらう。さらに、熱ショックたんぱく質に働きかけることで、免疫機能の向上、酸化ストレスに侵された細胞の修復も期待される。

 

「誘導性熱ショックたんぱく質の活性化は体温上昇からおよそ3日後がピークとなります。ですので、患者さんには週2日、全身温熱療法ソアラを受けることを勧めています。また、熱ショックたんぱく質が活性化している状態では筋肉のエネルギーの枯渇を防いだり、乳酸の蓄積も防ぐことができますので、スポーツ選手のコンディショニングにも活用できます」

 

なお、月刊誌10月号に掲載した、THE SOARA(長崎県)で行われている「全身温熱浴ソアラ」に対して、「全身温熱療法ソアラ」は医師の監督のもとに行われる医療行為として位置づけており、採血や直腸温測定などの検査を実施しながら処方している。

 

■施術の流れ

 

(1)本格的に全身温熱療法ソアラを行う前に、説明やカウンセリング、適応検査を行い、その結果をもとに、治療プログラムを立てる。施術は8回を1クールとし、患者の状態に応じてクール数を決定する。

(2)本治療に移る。患者はストレッチャーに寝たまま浴槽に入る(座った状態で漬かるタイプもある)。湯の浮力に身を任せる状態になるので、通常の入浴よりもずっと楽に感じた。

 

 

topics_121112_4.jpg

 

※写真はモデルによるイメージ

 

(3)体温が上昇する前に採血などをする。施術中、看護師と介護福祉士がつき、患者の状態を常時チェックする。バイタルサインおよび直腸温(身体の核心温度に最も近い)はコンピュータでリアルタイムにモニタリングされ、これに応じて自動的に湯温が調節される。

 

 

topics_121112_5.jpg

 

 

 

 

topics_121112_6.JPG

(4)入浴時間はおよそ1時間。体温を1.5~2度上げるためには、湯温を39.5度から42度未満まで徐々に上昇させる。

(5)30~40分かけて湯温を上昇させていく。はじめはぬるめの風呂といった感じだったが、湯温が上昇するにしたがって身体の芯まで温まり、熱く感じてくる。

topics_121112_7.jpg

(6)入浴中は脱水症状を防ぐために、こまめに患者に水やスポーツドリンクを飲んでもらったり、冷えた濡れタオルで頭頚部を冷やす。

topics_121112_8.JPG

(7)湯温が42度未満に達したら、残りの20~30分で段階的に39.5度まで下げていく。湯から上がる。

(8)施術終了後は、クリニック内の個室の休憩室でゆっくりと身体を休める。

topics_121112_9.jpg

 



■編集記者の感想
39.5~42度ということで、そんなに熱くないのかなと思っていたのですが、徐々に湯温を上げることでしっかりと体温が上がり、実際の湯温以上に身体が温まりました。湯から上がった後の休憩では心身ともにリラックスでき、自律神経のバランスが調えられた気がしました。リラックス感は1日中続き、朝までぐっすりと眠ることができました。

■患者層・治療費
がん患者を中心(およそ8割)に、更年期障害などの女性疾患、アレルギー、慢性疼痛などの患者や、健康増進、アンチエイジングにも処方している。

全身温熱療法ソアラは自由診療で、治療費は1クール8回で60万9000円(一式)。初診料は事前の適応検査と合わせて6万3000円となっている。

【取材協力】

●東京ソアラクリニック
東京都品川区東五反田5-25-19東京デザインセンター2階

業界ニュース&トピックス

ディスプレイルーム

〒108-0075
東京都港区港南2-4-3 三和港南ビル5F
TEL 03-5461-3050
営業時間 AM10:00~PM6:00