トピックス

医道の日本プレイバック(9)
座談会『経絡治療について』(1979年) [2013.01.21]

2013年、『医道の日本』は雑誌の顔である表紙の変更、カラーページや臨床記事の強化など、大幅なリニューアルを行った。いくつかスタートした新連載の一つに、「経絡治療 僕たちのこれから」がある。“経絡治療とは何か”について、また“経絡治療家がこれから進むべき道”について、現場で活躍する経絡治療家たちが話し合いを進めていくものだ。

これまで、経絡治療についてはさまざまな企画で取り上げてきたが、今から34年前の1979年にも誌面で座談会を行っている。
出席者は、上記連載 の初回にもその名が登場した岡部素道氏(日本経絡学会会長)を始め、小川晴通氏(東京都鍼灸師会会長)、岡田明祐氏(日本経絡学会副会長兼明鍼会会長)、 島田隆司氏(素問の会代表)。岡部氏は経絡治療の創始者の一人で、その他の諸氏も“経絡治療創始時代”の治療家たちが中心である。この錚々たる顔ぶれで、 経絡治療における歴史から、診断・適応性・システム化に至るまで、熱の込もった議論を展開している。

岡部氏は座談会の中で、経絡治療の特徴について次のように述べている。

な ぜ「経絡治療」が良いかという特徴のほうを言いますと、病名によってツボを覚えるということは、必要ない。根本的なものを捕まえておけば、何病に拘らず、 腎虚なら腎虚に使うツボ。それにあったツボを取って、本治法をして、その他は、それにあったローカルポイントを取って標治法をやるわけです。そうすると頭 が整理されて、病気に依ってツボを頭においておくってことはないわけです。それが一つの特徴です。

経絡治療のメリットを語った上で、根本的な考え方を学ぶためには古典や哲学に逃げ過ぎずに手技・方法から精進していくほうがよい、という示唆も加えてい る。現代にも通じるヒントがあり、新連載と合わせて読み進めると、より興味深いかもしれない。経絡治療の歴史を紡いできた先人たちの集う場に、プレイバッ ク――。

 

 

 

【月刊「医道の日本」 1979年7月号 PDFファイル】

pdf_icon.jpg 1979年 月刊「医道の日本」 7月号42~59ページ
(PDF 8.14MB)

 

※PDFファイルを開くには、無償で提供されているAdobe Readerが必要です。

adobe_reader.jpg Adobe Readerのダウンロード

業界ニュース&トピックス

ディスプレイルーム

〒108-0075
東京都港区港南2-4-3 三和港南ビル5F
TEL 03-5461-3050
営業時間 AM10:00~PM6:00