今月の薬膳

2013

07

ジュンサイのスープ

効く
清熱利水 、消腫解毒

7月は湿度が高く、気温も上昇していきます。湿度と暑さの対策には、からだの余分な熱を冷ましながら、余分な水も出してくれる食材、「蓴菜(ジュンサイ)」がぴったりです。今回は、ジュンサイを使ったスープをご紹介します。

 

SF006_L.jpg

いよいよ夏本番の7月です。先月に引き続き湿度も高く、さらに気温も上昇していきます。すこやかに過ごすために対処しなければならないのが湿気と暑さです。これが限界を超えると病気を引き起こす邪気となります。特にこの季節は「湿邪」に注意が必要です。

「厄介な病気は湿を疑え」と古い医学書にもあるくらいの厄介者。暑邪とつるんで、からだに悪影響を及ぼします。暑さと湿気のひどい土地の対処法としては、四川やタイのように辛い物を食べて汗をかくという方法があります。暑さで落ちた食欲を辛さが刺激もしてくれるし、とてもいい方法のようですが、日本ではあまり定着していませんね。たぶん日本人の胃腸が、あまり強くないからではないかと推測されます。中医学的に言えば脾胃虚弱の人の割合が多いように思われます。水の代謝にも関わる脾胃の機能が、辛さによって落ちてしまっては本末転倒で、ますます余計な水分が体内に溜まってしまいます。辛さもそうですが、冷たさにも脾胃は弱いので、ビールなど冷たい物のがぶ飲みも、湿対策としては避けたいところです。

 

 

そこで、7月の湿対策食材とは、暑さ対策も加味して、からだの余分な熱を冷ましながら、余分な水も出してくれる食材、いわゆる「清熱利水」の効能を もつものです。ぴったりの食材があります。それは、「蓴菜(ジュンサイ)」。もともとは、蒓という字を使っていたと明代の『本草鋼目』に出ています。日本 では、古くは沼縄(ぬなわ)とも呼ばれ、茆(ぬなわ)とも、表記されます。万葉集にも、「我(あ)が心 ゆたにたゆたに 浮蓴(うきぬなは)辺にも沖にも  寄りかつましじ」と詠まれている古くから食されている食材です。夏の季語ともなっています。
薬効的には、清熱利水のほかにも、消腫解毒の作用があり、熱性の下痢、黄疸、腫れ物、できものに使われてきました。現代の研究では、食道癌、胃癌などに効果があるとの報告もあります。

ジュ ンサイの産地としては日本では、秋田県が有名ですが、中国では揚子江の南、江南地方が古くからの産地でした。「蓴羹鱸膾(せんこうろかい)」とは望郷の念 を表す四字熟語ですが、故郷江南地方を遠く離れて洛陽に仕官していた張翰(ちょうかん)と言う人が、故郷に思いを馳せ、ついには高官の地位を捨てて故郷に 帰ってしまったという故事によるものです。張翰が思いを馳せた料理の一つがジュンサイの吸い物でした。現在でも、杭州西湖では、ジュンサイが特産の一つで 「西湖莼菜湯」は、名物料理です。

img_ykzn1307.jpg

材料

ジュンサイ…100g
鶏胸肉…1枚
しょうゆ…大さじ1
塩…小さじ1/2
紹興酒…大さじ1

作り方

  1. 鍋に水1000mlを入れ、沸騰させる。
  2. 鶏胸肉を加え、ひと煮立ちさせたら火を弱火にして20分くらい煮込む。
  3. 肉を引き上げ、紹興酒、しょうゆ、塩を加えて味をととのえる。
  4. ジュンサイを加え、ひと煮立ちさせたら、火を止めて器に盛りつける。
ポイント

引き上げた肉は薄く切ってサラダや棒棒鶏などに利用します。

食材性味帰経効能
じゅんさい 寒甘 肝脾 清熱利水、消腫解毒
筆者プロフィール
瀬尾港二

history001.jpg1960 年宮崎県生まれ。ICU理学科卒業後、85年~94年北京留学。北京中医学院針灸推拿学部卒業。卒後研修を経て、帰国。東京衛生学園を卒業後、後藤学園に 就職。附属はりきゅう臨床施設院長として臨床にあたりながら、講義も担当。2010年3月退職し、同年4月港区高輪に「アキュサリュート高輪」(http://acu-salut.jp)を開設。

 

 

稲田恵子

history001.jpg

 

神戸市生まれ。養護教諭を経て93年~96年北京中医薬大学養生康復科にて中医営養学、中医養生学を学ぶ。帰国後、(株)永昌源にて勤務の傍ら中医 薬膳に関する講演活動、執筆に携わる。その後㈱保健教育センターにて、特定保健指導継続支援を担当。現在、首都医校看護保健学科専任教員。保健師、看護 師。

業界ニュース&トピックス

ディスプレイルーム

〒108-0075
東京都港区港南2-4-3 三和港南ビル5F
TEL 03-5461-3050
営業時間 AM10:00~PM6:00