1711_main.jpg

定期購読のお申込みはこちらから

Apple、Apple のロゴは、米国および他の国々で登録された Apple Inc. の商標です。Mac App Store は Apple Inc. のサービスマークです。
Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。

1711_tit_contents.jpg

1711_nakamen_5.jpg

1711_tit_5.jpg

私と鍼灸 小野 武正

  医道の日本社さんの本は、よく読ませていただいてます。最近読んでおもしろかったのは、『鍼灸真髄』ですね。柳谷素霊が注釈した石坂宗哲の『鍼灸茗話』もイイですよね。どの経穴にどういう治療をするのか書いてあって。まあ、ぼくは鍼灸師ではないんですけど(笑)。

  鍼治療を初めて受けたのは3年くらい前です。ずっとギターをやってる関係で、耳や首の具合がわるくなっちゃいまして。あるときどうしても辛くて、インターネットで探した鍼灸院にいくつか行ってみたんですよ。そのなかで、すごくビビッとくる先生がいて、症状をどんどん改善してくれたんです。「鍼ってすごい!」って思いました。そういう革命的な体験をしてから、鍼灸にどっぷりとハマっちゃいましたね。

   一度ハマると、かなり深く知りたくなるほうなんで、そこからお灸だったり、東洋医学だったりが気になりだして。鍼の歴史についても、暇さえあれば調べてました。「なんで保険が利かないんだろう」って疑問に思って調べてたら、GHQの鍼灸禁止令の話まで行き着いたり。

  これまでに行った鍼灸院を数えると、50は超えるかなあ。楽器屋に行くよりも、鍼灸院に行くほうがテンション上がりますね。時間があるときは街を歩いて、目についた鍼灸院に入るようにしています。もちろんインターネットでも探しますけど。グーグルで検索してもウェブサイトが出てこないような穴場に、腕のいい先生が多い気がしますね。地元の人の口コミだけで、何十年もやっていけるわけですから。

  最初は深刺しの治療にハマって、それからはいろいろ試しました。経絡治療、西洋医学的治療、接触鍼、即刺即抜、ものすごく長い置鍼とか灸だけの治療とか。効いたり効かなかったりは、先生によって違いますけど、なるべく1つの鍼灸院に3回は行くようにしています。3回くらい行かないと、腕のいい先生だとしても、いい反応が出ないかなと思ってるんです。あと、鍼灸系の本や古典本が置いてある鍼灸院は、「この先生、勉強してるんだな」って安心感があります(笑)。

  好きなツボは王道ですけど、合谷と足三里です。百会と印堂へのお灸も、気持ちいいですね。本当に、鍼灸の話ならいくらでも話せます。今回、取材していただけてうれしかったです。「医道の日本」は、音楽誌でいうところの「ROCKIN’ON JAPAN」ですから(笑)

 

■PLOFILE■
おの・たけまさ
ロックバンドKEYTALKのギタリスト。1989年9月19日生まれ。埼玉県出身。2009年7月、首藤義勝(ボーカル&ベース)、寺中友将(ボーカル&ギター)、八木優樹(ドラム&コーラス)とともにKEYTALKを結成。ツインボーカルを特徴とした軽快な楽曲で支持を集める。2013年11月、シングル「コースター」でメジャーデビュー。2015年10月、日本武道館単独公演を開催。2017年10月現在、12枚のシングルと3枚のアルバムを発表している。


雑誌「医道の日本2017年11月号」掲載