徒手検査インパクト 第1版1刷~6刷、第1版1刷~5刷

お詫びと訂正

本書におきまして、以下の誤りと変更がありました。お詫びして訂正いたします。

(2021年7月現在)


【第1版1刷~6刷】
ページ
訂正箇所
34

右下「スピードテストのメカニズム」内の説明文

~前腕回外・関節屈曲で作用する上腕二頭筋が収縮し、 ~前腕回外・関節屈曲で作用する上腕二頭筋が収縮し、
34

右下「スピードテストのメカニズム」内の図

関節屈曲 関節屈曲



【第1版1刷~5刷】
ページ
訂正箇所
23

左上のコマ内の説明文

腕神経叢・鎖骨下動脈・鎖骨下静脈は、「前斜角筋と中斜角筋の隙間」、「鎖骨と第1肋骨の隙間」、「小胸筋の下」を走行する。 腕神経叢・鎖骨下動脈・鎖骨下静脈は、「前斜角筋と中斜角筋の隙間」、「鎖骨と第1肋骨の隙間」、「小胸筋の下」などを走行する。
23

左上のコマ内の図

下図1 下図2
26

左下「本検査陽性で
疑われること」下の文章

肋鎖間隙での血管の圧迫など 小胸筋による血管の圧迫など
26

右下「ライトテストの
メカニズム」下の文章

上腕を挙上すると、鎖骨が後方回旋す る。すると肋鎖間隙は狭くなり、血管が圧迫を受ける。 上腕を過外転すると、小胸筋により、血管が圧迫を受ける。
26

右下「ライトテストの
メカニズム」下の図

下図3 下図4
28

右下「ライトテストの
メカニズム」下の図

下図5 下図6
106

グラスピングテストの1

患者は臥位。 患者は臥位。


【図1】
P23_図1.jpg



【図2】
P23_図2.jpg



【図3】
P26_図3.jpg



【図4】
P26_図4.jpg



【図5】
P28_図5.jpg



【図6】
P28_図6.jpg

テキスト採用をご検討の学校様へ

正誤表

取扱書店一覧

著者一覧