新装版 臨床家のための症例別 伝統鍼灸治療法

新装版 臨床家のための症例別 伝統鍼灸治療法

古典ハンドブックシリーズの著者が、経絡治療の立場から、日常臨床にすぐ役立つ治療法を書き下ろしたもの。第一章の治療概論は各証別に、1痛因・病理・病証、2望証・脈証・腹証、3治療を解説。第二章の治療各論は、病証別に症例をまじえながら治療法を展開している。新装復刻版。

ISBN:978-4-7529-1166-1
著者池田政一
仕様B6判 413頁
発行年月2019/8/10(復刻版)
1996/2/1(原版)
1166-1
定価 本体4,400円+税
ご購入はこちら(Ido Net Shoppingへ)

目次

序文 序・伝統鍼灸治療術の新地平

【第一章 治療概論】

第一項 肺虚陽実熱証
1、病因、病理、病証
2、望証、脈証、腹証
3、治療

第二項 脾虚陽実熱証
1、病因、病理、病証
2、望証、脈証、腹証
3、治療

第三項 肺虚陽虚寒証
1、病因、病理、病証
2、望証、脈証、腹証
3、治療

第四項 腎虚陽虚寒証
1、病因、病理、病証
2、望証、脈証、腹証
3、治療

第五項 脾虚腎虚寒証
1、病因、病理、病証
2、望証、脈証、腹証
3、治療

第六項 脾虚陽虚寒証
1、病因、病理、病証
2、望証、脈証、腹証
3、治療

第七項 肝虚陽虚寒証
1、病因、病理、病証

2、望証、脈証、腹証
3、治療

第八項 脾虚肝実熱証
1、病因、病理、病証
2、望証、脈証、腹証
3、治療

第九項 脾虚肝実瘀血証
1、病因、病理、病証
2、望証、脈証、腹証
3、治療

第十項 肺虚肝実瘀血証
1、病因、病理、病証
2、望証、脈証、腹証
3、治療

第十一項 肝虚陰虚熱証
1、病因、病理、病証
2、望証、脈証、腹証
3、治療

第十二項 腎虚陰虚熱証
1、病因、病理、病証
2、望証、脈証、腹証
3、治療

第十三項 脾虚陰虚熱証
1、病因、病理、病証
2、望証、脈証、腹証
3、治療
【第二章 治療各論】

第一項 運動器疾患
1、肩凝り
2、頸部捻挫(後頭神経痛)
3、むち打ち症
4、三叉神経痛
5、顔面神経麻痺
6、肩関節痛(五十肩)
7、半身不随
8、肋骨神経痛(帯状ヘルペス、肋軟骨骨折)
9、関節痛(リウマチ)
10、腰痛
11、坐骨神経痛
12、脚弱、踵骨痛、転筋、アキレス腱痛
13、打撲、捻挫、骨折後遺症

第二項 呼吸器疾患
1、急性熱病
2、咳と呼吸困難(喘息)
3、咽喉痛
4、鼻の病気(鼻炎、蓄膿症)
5、盗汗、多汗、無汗
6、肺の病気

第三項 循環器疾患
1、高血圧症(動脈硬化)
2、低血圧症
3、心臓病
4、動悸(心悸亢進、不整脈)
5、その他の循環器疾患

第四項 消火器疾患
1、口内炎、口角炎、舌炎
2、上腹部痛(胃炎、胃・十二指腸潰瘍)
3、食欲不振
4、嘔吐(食中毒)
5、下腹部痛(腸炎、腸閉塞、虫垂炎)
6、便秘と下痢
7、肝臓、胆嚢疾患
8、糖尿病
9、痔疾

第五項 泌尿器疾患
1、浮腫(腎炎、ネフローゼ)
2、排尿異常(膀胱炎、尿道炎、腎盂炎、腎石)
3、夜間排尿(前立腺炎、前立腺肥大)
4、精力減退(過労)

第六項 産婦人科疾患
1、冷え性
2、月経不順(月経痛、帯下、不整出血、不妊症、子宮筋腫)
3、妊娠(つわり、妊娠腎、難産)
4、産後(乳腺炎、子宮脱)
5、更年期障害(血の道症)

第七項 精神神経疾患
1、めまい(メニエール)
2、不眠(神経症、鬱病、分裂病)
3、頭痛、頭重、のぼせ
4、癇癪

第八項 その他の疾患
1、眼の病気
2、歯痛
3、耳の病気
4、皮膚病の治療
5、甲状腺機能亢進症
6、小児の疾患

あとがき・参考書目


【復刻版書籍につきまして】

●医道の日本社では過去の名著を復刻版として発行しております。復刻版は株式会社デジタルパブリッシングサービスが運営しております。「ON DEMAND万能書店」による、少部数のオンデマンド出版です。オンデマンド出版のため、価格や仕様は当時のものと異なります。ご了承ください。
●復刻版には、現代では不適切と判断される表現・解釈、使用されなくなった用語が含まれている場合があります。原作者および作品の意図を尊重し、当時の表現どおり記載しています。
●納品までにお時間をいただく場合もございます。

テキスト採用をご検討の学校様へ

正誤表

取扱書店一覧

著者一覧

iPhoneアプリ 東洋医学診断チャート

ディスプレイルーム

〒108-0075
東京都港区港南2-4-3 三和港南ビル5F
TEL 03-5461-3050
営業時間 AM10:00~PM6:00