開業鍼灸師のための 診察法と治療法 第1巻 総論・腰痛

開業鍼灸師のための 診察法と治療法 第1巻 総論・腰痛

実施臨床における、問診や診察の実際、病態と鑑別、さらに患者との対応など、日常の臨床での対応に主眼をおいた「開業鍼灸師のための臨床マニュアル」。病態把握にかけては"鍼灸界No.1"の著者が、日常多く遭遇する5疾患を目の前に、どう診、どう鍼し、患者に説明するか、を述べる。図と写真の豊富さ、わかりやすさも特筆されよう。

ISBN:978-4-7529-1048-0
著者出端昭男
仕様B5判/92頁
発行年月1985/3/25
1048-9
定価 本体 2,100円+税
ご購入はこちら(Ido Net Shoppingへ)

目次



総論

はじめに

A 臨床とは何か
1. 適応の判定
2. 予後の推定
3. 患者への対応
4. 経過の観察
5. 生活指導
6. 針灸治療

B 本書の利用法
1. 本書の内容と目的
2. 問診カード
3. 診察所見チャート

C カルテの記載事項
1. 準備事項
2. 主訴
3. 現病歴
 (1)最初の発病
 (2)今回の発病
 (3)他の疾患
4. 既往歴
5. 家族歴
6. 診察所見


各論・I 腰痛

A 腰痛チャートの適応

B 問診
 (1)現症状
 (2)生活状況
C 診察法
 (1)側彎
 (2)前彎
 (3)階段変形
 (4)前屈痛
 (5)側屈痛
 (6)後屈痛
 (7)股内旋テスト
 (8)股外旋テスト
 (9)ニュートン・テスト
 (10)叩打痛
 (11)圧痛

D 適応の判定
 (1)内臓性腰痛
 (2)脊椎・脊髄の腫瘍

E 予後の推定

F 経過の観察

G 腰椎の病態と患者への対応
1. 椎間関節性腰痛
2. 筋・筋膜性腰痛
3. 棘間靭帯・棘上靭帯・棘間筋の損傷
4. 変形性脊椎症
5. 姿勢性腰痛
6. 脊椎すべり症
7. 椎体の圧迫骨折

H 治療のポイント
 (1)椎関型腰痛
 (2)筋・筋膜型腰痛
 (3)棘間型腰痛
 (4)複合型およびその他の腰痛

I 生活指導

文献

テキスト採用をご検討の学校様へ

正誤表

取扱書店一覧

著者一覧