学会・セミナー・研究会案内カレンダー

※会期や会場等の予定は、変更になる場合があります。詳しくは、各会事務局にお問い合わせください。

« 前の月へ 2020年1月開催
開催日 学会名・開催場所/ 主催・問い合わせ先
11 ニューロコネクトジャパン(NCJ)発足記念特別セミナー 臨床神経科学への発展

2020年、機能神経学と機能性医学を融合した臨床神経科学に基づくアプローチを学ぶ場として、ニューロコネクトジャパン(NCJ)が発足します。発足を記念して、オーストラリアから臨床神経科学の専門家である、Dr.Carlo Rinaudoをお招きし、同じく臨床神経科学を日本で実践するDr.Susumu Ikedaとコラボセミナーを開催します。今回のセミナーでは、臨床神経科学のアプローチを豊富な臨床例を交えながら、実践的に学習します。2人の講師がそれぞれ異なるアプローチ方法を紹介するので、基本的な考え方と応用方法が幅広く学べます。さらにDr.Rinaudoの実践的な検査方法のライブデモンストレーションがあります。これまで機能神経学を勉強されていた方も、初めての方も、実践的なハンズオンを通し、明日からの臨床に応用することができます。カイロプラクター、理学療法士、作業療法士、鍼灸師、柔道整復師、臨床心理士、運動指導に携わる方など、人の健康をサポートする臨床家に臨床神経科学の考えを紹介します。


■講師
メイン講師:Dr.Carlo Rinaudo
講師・解説:Dr.Susumu Ikeda


■研修スケジュール
①臨床神経科学への発展
 1月11日(土)9:00~18:30
 1月12日(日)8:30~17:30
②臨床検討会
 1月13日(月)8:00~15:30
※講義の進行により多少時間の変更がありえます。ご了承ください。
※昼食休憩があります。
※12月中にセミナーテキストを送付いたします。参加者の皆様には必ず予習をお願いします。


■参加費
①1月11日〜12日の2日間
 11/11までのお申し込み:48,000円
 11/11以降のお申し込み:56,000円
②1月13日の臨床検討会
◎2日間セミナー参加者
 11/11までのお申し込み:18,000円
 11/11以降のお申し込み:28,000円
◎13日のみ参加
 11/11までのお申し込み:25,000円
 11/11以降のお申し込み:35,000円


■目的
・臨床神経科学の基本的なアプローチの全体像を掴む
・「観る力」を鍛え、臨床神経科学の考え方を学ぶ
・臨床神経科学の応用の幅・多様性を学ぶ


■セミナー内容
1日目:
◎機能神経学と機能性医学の融合、臨床神経科学の全体図と流れを、臨床例を交えて学ぶ
◎代謝的許容性(metabolic capacity)を学び、適切な介入の範囲を見極めるために注目すべき神経学的な所見
 - [実践練習]疲労のサインを読み取る [ハンズオン]酸素供給の改善方法 [デモ]代謝許容性のサイン
 疲労のサインとは何か?効果的に臨床成果を上げるため、また患者の状態を悪化させないための知識
◎神経解剖学と部位別に機能性。脳のリハビリがわからない人へ、機能を学び実践的な考え方へ
 - [実践練習]神経学的検査を機能的評価する [臨床例]"ニューロタグ"を学ぶ
2日目:
◎自律神経の基礎。予測していた成果が得られない事がありませんか?自律神経の影響を見逃さない
 - [実践練習]自律神経を評価する [臨床例]自律神経失調症
◎脳の発達と原始反射。神経学的評価と運動を通してどのように脳の発達を促すのか?
 - [実践練習]原始反射の既存を評価する [臨床例]発達障害
◎バランスと姿勢・コントロールの神経学を学ぶ
 - [実践練習]バランス・姿勢の評価方法 [臨床例]バランス障害
3日目:臨床検討会・ハンズオン臨床応用の練習
◎臨床神経科学的に臨床に生かすために。Dr.Rinaudoのバランストレーニングへの介入を実践練習
 - [ハンズオン]バランス・姿勢のリハビリテーション
 - [実践練習]検査結果を解析するために。複数の臨床例を検討


■申込み方法
お申込み人数、参加希望の日程を明記の上、下記E-mailまでお申し込みください。


会場:日本リハビリテーション専門学校 イセビル校舎
   東京都豊島区高田3丁目6ー18 https://www.nitiriha.com/about_school/access/
(問)
 E-mail:info@fnrchiro.com
 URL:https://www.facebook.com/neuroconnectjapan

26 2020年全日本オステオパシー協会東京支部講習会

■講習会会費:AJOA会員10,000円、JOF所属団体会員12,000円、資格養成校在学生12,000円、一般(医系国家資格有資格者)15,000円 4回目から20,000円

■日程:日曜日(10:00~16:00)
 第1回(1月26日)講師:原光司「筋膜リリース」
 第2回(2月23日)講師:原光司「筋膜リリース」
 第3回(3月22日)講師:坪井明「OTM胸椎」
 第4回(4月26日)講師:古屋陽司「関節遊び・四肢」
 第5回(5月24日)講師:古屋陽司「関節遊び・四肢」
 第6回(6月28日)講師:江熊省吾「頭蓋」
 第7回(7月26日)講師:水口清登「カウンターストレイン」
 第8回(8月23日)講師:水口清登「カウンターストレイン」
 第9回(9月27日)講師:川村幸寿「筋エネルギー」
 第10回(10月25日)講師:原光司「筋膜リリース」
 第11回(11月22日)講師:江熊省吾「頭蓋」
 第12回(12月27日)講師:坪井明「OTM胸郭」

◎原光司氏:今人気の筋膜の診断と治療について講義いたします。
◎坪井明氏:オステオパシー学院生の時からOTM(オステオパシー哲学と理論)を森田D.O.の教育を受け、卒業後も森田D.O.のアシストを長年学んでいます。2019年からから森田D.O.の後継者としてカークスビルオステオパシー医科大学の授業と同等の講義をいたします(オステオパシーの基礎中の基礎です)。※臨床におけるオステオパシーの原則を参照
◎古屋陽司氏:故石蔵先生に師事し、古賀式四肢の関節、直接法を基礎から講義いたします(「四肢関節の診かた」を使用)。
◎江熊省吾氏:伝説的なオステオパスの一人であるサザーランドD.O.が創始した、オステオパシーの中で重要な一領域の頭蓋領域について講義いたします。イギリスのオステオパシー大学卒業、JCO講師。
◎水口清登氏:カウンターストレインを講義いたします(ハーバード・エイツD.O.の「カウンターストレイン」に基づいて進めていきます)。
◎川村幸寿氏:筋エネルギーを講義いたします。患者の筋肉をしっかりした抵抗力に逆らって作用させ、関節の可動性、筋・筋膜の軟化及び局所循環を改善させるために効果的な方法です(グリンマンの本を使用)。

■定員:25名(定員になり次第締切)

■講習会予約・会費支払い方法・注意事項
①予約方法:講習会日の3日前までに下記のメールアドレス(担当:橋本)に出席日、氏名、電話番号をお書きの上メールをお願い致します。メールをお持ちでない方は下記の番号にお電話下さい。
 【例】○月○日 出席 氏名○○○○ 連絡先(電話番号)
 (PC)alljapan.osteo.jimukyoku@gmail.com  
 (電話)03-3427-8807(定休日:水、日)
②会費支払い方法:講習会費は3日前までに指定口座(要問合せ)にお振込み下さい。
※当日の出席受付、講習会費の受取は致しません。
※振込み後の返金、変更は致しません。
※振込みをもって領収書の発行とさせていただきます。
※初めての受講の方は医療資格書のコピー提出と誓約書記入の為、認印をご持参下さい 。
※講習会時は録音のみ可能です。カメラ(スマートフォン等携帯含む)等での録画はご遠慮ください 。

会場:東中野会館
(問)本部事務局
 TEL・FAX:03-3427-8807
 E-mail:alljapan.osteo.jimukyoku@gmail.com  
 URL:http://www.alljapan-osteo.net/

業界ニュース&トピックス