業界ニュース

第13回日本統合医療学会が開催 [2009.12.25]

会場となった安田講堂

会場となった安田講堂

昨年11月21日・22日、東京大学安田講堂にて第13回日本統合医療学会が開催された。今回のテーマは「統合医療の時代来る~東洋の智恵と西洋科学の融合~」。 

 

会長講演「統合医療の考察と新しい医療の創造について」では、渥美和彦氏(東京大学名誉教授・日本統合医療学会理事長)が、統合医療とは人間の理解であり、今後は東西文化の融合、人間の生と死などを「人間の属性である理性、感性、悟生、霊性のあらゆるレベルで検討」していく必要性について述べた。

  

また、基調講演では京都大学名誉教授で先端医療振興財団理事長の井村裕夫氏が「高齢者と統合医療」をテーマに講演。その他、シンポジウム「がんに対する統合医療的アプローチ」「伝統医療と代替医療」が開かれるなど、日本の医療制度の中で、漢方、鍼灸、ホメオパシー、温泉・気候療法など統合医療を推進するために解決すべき課題などが様々な角度から取り上げられた。

業界ニュース&トピックス