業界ニュース

第25回経絡治療学会東北大会が開催 [2010.04.30]

教育講演を行った池田政一氏

教育講演を行った池田政一氏

第25回経絡治療学会が3月27日、28日の両日にかけて宮城県のホテル仙台プラザで行われ、280名の参加者が集まった。

 

大会長の樋口秀吉氏による会頭講演「脈状診の問題提起」を皮切りに、特別講演「寸口脈の科学性」(山家智之氏・東北大学加齢医学研究所病態計測制御研究分野教授)、教育講演「脈状診の時代的背景と今後の展望」(池田政一氏・経絡治療学会学術部長)など、大会テーマ 「脈と経絡治療」に沿って、充実したプログラムが行われた。

 
2日目は、馬場道敬氏、首藤傳明氏による実技のほか、シンポジウム「脈診と臨床」が行われ、木戸正雄氏、浦山久嗣氏、大上勝行氏の3氏がそぞれの意見を交えた。

 

業界ニュース&トピックス