トピックス

続・クル―ジング鍼灸師便り(2)
アジアクルーズ [2010.07.12]

アジアクルーズを終えた森田智氏からクルージング便り第2弾が届いた(第1弾はこちら)。現在、アラスカクルーズに向け、太平洋を横断中の森田氏。船からクジラが見えるときもあるという。今回はクルーズ内での鍼灸師の活動とアジアクルーズ(上海、釜山、室蘭)の様子を報告してくれた。

今、私は太平洋横断クルーズの真っ最中です。

 

港に寄らず一日中、海の上にいる日をシーデイと呼んでいます。7日間連続でシーデイが続くのですが、さすがに疲れてきますね。日付変更線を跨ぐため、同じ日が2回あるなど、不思議な体験もできました。太平洋横断後はアラスカのウィティアーとカナダのバンクーバーの間を1週間かけて移動するアラスカクルーズが9月の半ばまで続きます。私の今回の乗船はそれまでの予定です。

 

シーデイはお客様達は外に出られないので、船の中に留まる事になります。そして、クルーは必然的に忙しくなります。私の働いているスパも例外ではありません。船によってお客様の年齢層が変わるので一概には言えませんが、私の船では鍼灸を受けに来る患者さんは多い時には一日で20人程来ます。やはり主訴が「痛み」というかたが一番多いですね。そしてストレス、ダイエット、船酔い、内臓疾患、不定愁訴などの患者さんも来ます。


バケーション中はポジティブな方が多いからなのでしょうか? 日本で鍼灸をやっていた時と比べて患者さんの治りが断然に良いです。まだまだ私自身至らない所もあると思うのですが、一人でも多く良くなって頂けると、それだけで嬉しくなりますね。

 

0712-1.jpg

 


これは、私の治療室です。

 

坐骨神経痛を英語でSciatica、関節炎をArthritis(変形性関節症、関節リウマチ、線維筋痛症等を含む)と言うのですが、いま挙げた2つの疾患に悩んでいるかたの来院が非常に多いです。また、日本人の感覚で言う肥満とは比べ物にならないレベルの肥満の患者さんも数多く来院され、それがより辛い痛みの原因にもなっている例が多いですね。

 

治療後には必ず食事、運動、睡眠をバランスよく取り、体を冷やさないように勧めています。治療時間は症状にも依りますが、45分~1時間程です。


鍼灸師はこの船では治療室を2部屋与えられています。忙しい時は他のセラピストの部屋を借りて3部屋を行ったり来たりしていますが、お話好きな患者さんを診ている時は、話を切り上げるタイミングが難しいですね(笑)。

 

0712-2.jpg

 

パワーポイントを使って鍼灸の紹介、関節炎と腰痛への鍼灸の効用、漢方の紹介など、3種類のセミナーを1週間に3回やっています。1回30~40分程です。聴衆は多い時には50人以上来ます。

 

こんなに大勢の人の前で、ましてや英語で話をする機会なんてこの仕事を始めるまでなかったので、初めて船に乗った頃は嫌で嫌で仕方がありませんでした。話し終わった後に質問もいくつか受け付けるので、正確に答えられないと冷や汗ものです(笑)。

 

でも、人間慣れてくるものです。今では終了後に拍手を戴け、「よかったです」「ためになりました」なんて言ってもらえるまでになりました。

 

 

0712-3.jpg

 

港にいる時はクルーもお客様達と同様に町へ出掛ける事ができます。同僚のVittorioさんと上海の吉野家(何故?)で食事をしました。彼は味噌スープをとても気に入ったご様子でした。

 

 

0712-4.jpg

 

船から見た韓国、釜山の夜景です。街並はキレイだし、ご飯もおいしくて、思い出に残った都市でした。今度はプライベートで訪れてみたい場所の1つです。

 

 

0712-5.jpg

 

こちらも釜山。夜には船も電気の装飾が施されます。遠くからみるとキラキラしていて、とてもキレイなんですよ。隣に見えるバスと比べると、船の大きさがよくわかると思います。

 

 

0712-6.jpg

 

室蘭の人達です。とても温かく親切でした。船が港を離れる時には、よさこい踊りを見せてくれた子供達が船に駆け寄って「ありがとう~」「さようなら~」「また来てね~」なんて言ってくれて、我が国ながらとても感動しました。お客様達も、大声で「ARIGATO~」「SAYONARA~」なんて返事してましたよ。たくさんの方に日本はいい国だと言っていただけて、とても嬉しかったです。

 

 

0712-7.jpg

 

夕焼けは、とてもキレイです(曇っていなければの話ですが)。こう言うのを見れるから、また次の日も頑張ろうと思えます。朝は弱いので見逃しがちですが・・・。

 

それでは、また。

 

 

 

業界ニュース&トピックス

ディスプレイルーム

〒108-0075
東京都港区港南2-4-3 三和港南ビル5F
TEL 03-5461-3050
営業時間 AM10:00~PM6:00