トピックス

学会セミナー

第35回経絡治療学会学術大会東京大会が現地開催を中止 学会誌上での開催に変更

第35回経絡治療学会学術大会東京大会が新型コロナウイルス感染症の影響から現地開催の中止を決定した。
医道の日本社Webサイトではほかにも、医学関連の大会開催情報を発信している。


夏期大学に続き学術大会の中止を決定
経絡治療学会は新型コロナウイルス感染症に対する緊急事態宣言の延長決定をうけ、3月27日から28日にわたり開催を予定していた第35回経絡治療学会学術大会東京大会の東京有明大学での開催を中止。学会誌上での誌上開催に変更することを発表した。同学会は昨年3月にも第62回鍼灸経絡治療夏期大学の開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の影響で中止しており、イベントが長く開催できていない状況にある。
学術大会ならびに夏期大学については月刊誌でもたびたび取材してきた。また活気あふれる会場の様子をレポートできる日が来ること切に願っている。



医学関連の大会開催情報を掲載
医道の日本社Webサイト「学会・セミナー・研究会案内カレンダー」では、西洋医学・東洋医学関連の大会開催情報を掲載している。なかにはWeb開催を予定しているところも多数あり、すでに新しい大会開催の形が整いつつあることがうかがえる。


gakkai.png
「学会・セミナー・研究会案内カレンダー」ページ

業界ニュース&トピックス