トピックス

企画記事
本・DVD紹介

【花粉症シーズン到来】食べ物との関係とアロマの活用法

今の時期、来院する患者さんのなかで、主訴とは別に花粉症に悩んでいる方も多いのではないでしょうか。今回、そんな花粉症に悩む患者さんに向けたアドバイスの一助としてご活用いただける、食べ物との関係とアロマの活用法についてご紹介いたします。なお、「月刊 医道の日本」では過去、花粉症への鍼灸治療の特集を組んでいますので、そちらもぜひ参考にしてみてください。


●ブタクサ属の植物に反応する食べ物で症状が出る可能性がある

120種類の食材の特徴と、80の症状に対する食・運動面でのアプローチ方法が紹介されている『食材別・症状別の大事典 治す食事 患う食事』では、「基本的には食べ物と花粉症は関係がない」とする一方で、「特定の種類の季節性アレルギーを持つ人は、特定の食べ物を食べた後に症状がでるかもしれない」とも述べています。
例として、ヒマワリ属の植物はブタクサ属の植物と交差反応をする交代があるので、ヒマワリ属のハーブや野菜を食べると反応する可能性があることを、また、カビの胞子に反応する人の場合は、カビのある食べ物、飲み物で反応が出る可能性があることを述べています。 ヒマワリ属の植物としては、アーティチョークやカモミールティー、タンポポ、野菜油やマーガリンに含まれるヒマワリ、漢方薬などに用いられるタンジーなど。カビ(発酵食品)としてはアルコール飲料(特にビールやワインなど)、チーズ、ザワークラウトやしょうゆといった発酵食品、サラダドレッシングなどの酢が入ったものが当てはまると考えられます。
そのほか、花粉を含有している可能性のあるはちみつやサプリメントなども気を付けたほうがよいと説明しています。




●日々着用するマスクにアロマの一工夫を

susipaku584PAR54932_TP_V4.jpg

『疾患別治療大百科シリーズ6 アレルギー性疾患』では、アロマテラピーを用いた花粉症の症状別の対処法として、局所塗布軟膏、局所塗布オイル、手浴(足浴)、蒸気吸入、乾燥吸入、浸剤湿布といった方法を挙げています。
そのなかでも、くしゃみや鼻水に効果が見込まれる乾燥吸入は、ティッシュやマスクにペパーミントとユーカリの精油を塗布して深呼吸を繰り返す方法で、マスクを着用する機会の多い現状で親和性の高い方法と考えられます。
同書ではほかにも、アロマテラピーを用いた花粉症の症状別の対処法として、局所塗布軟膏、局所塗布オイル、手浴(足浴)、蒸気吸入、乾燥吸入、浸剤湿布といった方法を挙げています。そのなかでも、くしゃみや鼻水に効果が見込まれる乾燥吸入は、ティッシュやマスクにペパーミントとユーカリの精油を塗布して深呼吸を繰り返す方法で、マスクを着用する機会の多い現状で親和性の高い方法と考えられます。

ユーカリについては『マッサージ&アロマテラピー 精油の力を最大限に引き出す症状別テクニック』でも以前から咳や風邪、インフルエンザ、気管支炎、副鼻腔炎、花粉症に使われてきたと紹介されているので、その効果に期待ができます。
同書ではさらに、花粉症におすすめな以下のアロマブレンドと、それを用いたマッサージの方法を紹介しています。

  • ・ペパーミント 2滴
  • ・レモン 2滴
  • ・ラベンダー 1滴
  • ・スイートアーモンド油 大さじ2

  • このブレンドを頭皮から生え際、こめかみ、首すじに至るまでやさしくマッサージしながら塗布するとよいとのことです。


    【参考文献】

    ▼食材別・症状別の大事典 治す食事 患う食事
    7021_7_hyoshi.jpg


    ▼疾患別治療大百科シリーズ6 アレルギー性疾患
    cf0e27f2acdff3b71d294a186ec7280608a70d48.jpg


    ▼マッサージ&アロマテラピー 精油の力を最大限に引き出す症状別テクニック
    3112_6_hyoshi.jpg



    ●「月刊 医道の日本」の花粉症特集をチェック!

    「月刊 医道の日本」では、2015年2月号と2020年3月号でそれぞれ花粉症(アレルギー性鼻炎)への鍼灸治療を特集しています! 日々の臨床に活かせるテクニックの解説、参考になる症例報告をご紹介していますので、ぜひご覧ください。

    ▼2020年3月号
    医道2003月号-1.jpg

    【特集】アレルギー性鼻炎への鍼灸治療
    1. アレルギー性鼻炎の鍼治療/仲西宏元(森ノ宮医療大学大学院保健医療学研究科)
    2. 花粉症に対する奇経八脈を用いた治療 ~弁証に基づいた陽維脈と陰維脈の用い方~/高野耕造8グリーンリーフ治療院、東京医療専門学校教員養成科非常勤講師)
    3. 整動鍼における整流を利用した花粉症治療/栗原誠(株式会社活法ラボ、はりきゅうルーム カポス、養気院、一般社団法人整動協会)、佐藤廉(はりきゅうルーム カポス)
    4. 好酸球性副鼻腔炎に対する中国針と漢方薬併用治療が有効であった一症例/長森夏弥子(崔邁)(長津田まい鍼灸院院長)


    ▼2015年2月号
    4752980444.jpg

    【特集】花粉症へのアプローチ
    1. Kiiko Styleによる花粉症への治療法/清藤直人(清藤鍼灸院)
    2. 花粉症の経絡治療/高比良伸哉(たかひら鍼灸療院・たかひら漢方薬堂)
    3. 花粉症への中医学的アプローチ/齋藤隆裕(東京衛生学園専門学校中医学研究所附属中医臨床センター センター長)、太田祐志(東京衛生学園専門学校中医学研究所附属中医臨床センター 卒後研修指導担当)
    4. 花粉症への山元式新頭鍼療法/徐 園子(大和鍼灸院)
    5. 花粉症を改善する薬膳メニュー/新開ミヤ子(薬膳Salon)



業界ニュース&トピックス