トピックス

本・DVD紹介
臨床テクニック

はじめてのトリガーポイント鍼治療【パソコンやスマホで読める電子版書籍】

医学・医療の電子コンテンツ配信サービス「医書.jp」さんでは、医道の日本社の書籍が続々登場しています。本記事では、治療家や学生の方にもオススメの書籍をご紹介します。


書籍の内容

全身の7割近い筋肉は、実際に「痛みの原因である箇所」とは違う部位に痛みを引き起こしています。その原因は、痛みの引き金(trigger)となる点(point)として、‟トリガーポイント"と呼ばれています。

はじめてのトリガーポイント鍼治療』では、腰下肢痛、膝痛、頚部痛、肩痛という4大症状について、その原因となっているトリガーポイント(TP)をどう検出し、刺鍼するか、写真や筋の断面図とともに解説しています。

触診すべき部位が一目でわかり、触診の仕方や刺鍼の方向・深度なども具体的に記しているので、臨床の場で即試せる内容になっています。

TP鍼治療の入門書とも呼べる一冊です。



picture_pc_ef2561a4f20f30296cb87eb48c1d028d.jpg

目次

第1章 トリガーポイント鍼治療がなぜ必要なのか?〔総論〕
第2章 トリガーポイント鍼治療における検査法
第3章 トリガーポイント鍼治療の方法
第4章 姿勢とトリガーポイントの関係
第5章 治療編
 5-1 トリガーポイントと腰下肢痛
 5-2 トリガーポイントと膝痛
 5-3 トリガーポイントと頚部痛
 5-4 トリガーポイントと肩痛



▼立ち読み・ご購入はこちらから

1124-1.jpg


▼関連DVDはこちらから

0138-9.jpg


業界ニュース&トピックス