研究会・勉強会に行ってみよう

近畿

研究会・勉強会に行ってみよう File16

脈診流 氣鍼医術研究会

〒650-0004
兵庫県神戸市中央区中山手通1-8-19 三浦ビル5階 漢医堂内
担当:中村泰山

CHAIRMAN 葛野玄庵 SINCE 2005年
BACKGROUND 早朝に行っていた「朝がゆ会」から2005年「神戸はり医術研究会」を発足。代表・葛野玄庵が提唱する従来の経絡治療の発展形としての「脉診流 氣鍼医術」の研究を行う。2009年に研究成果をまとめ、『脉診流氣鍼医術』『脉診流子午鍼法』を上梓。2010年、少数精鋭の鍼灸師を養成するべく「神戸はり医塾」を開講。さらなる発展のために「神戸はり医術研究会」解散、2016年に「脉診流 氣鍼医術研究会」発足。以降、「患者の病苦を除去する治療実力の涵養に寄与し、鍼灸医術の普及啓蒙する」ことを目的として毎月1 回「脉診流 氣鍼医術研究会 普通部」、および年に数回の講習会を主催。また不定期ではあるが、海外鍼灸師への講習や米国での講演(本年は12月ニューメキシコ州での予定)など国外への活動も増えつつある。
MEMBER 41名
WORKSHOP 【脉診流 氣鍼医術研究会】毎月、普通部を開催(兵庫県三宮・漢医堂)
【講習会(子午鍼法・子午奇経連動など)】年2 ~ 3 回開催
FEE 脉診流 氣鍼医術研究会
普通部:入会金50,000円、年会費60,000円
講習会:会費5,000 円(一般)、2,500円(学生)
BRANCH なし
APPEAL POINT 「脉診流 氣鍼医術」とは、一鍼一穴ごとに検脉し「脉締」「良脉」を得ることがすべての診断・治療の基準とし、「証の決定」「選経・選穴」「手技」の的確性も判定し、補瀉術の正鵠をなし、生命力を強化する伝統鍼灸医術である。主な特徴は、従来行われなかった「心虚証」「心実証」「腎実証」などの臨床実践である。先述の「脉締」「良脉」という基準を設けたことによりドーゼ判断が可能となり、客観性も得られる。鍼法は接触を中心とした浅刺で脉状に応じて使い分ける。現在進行形の経絡治療家の方はもちろん、初学者や一度経絡治療に挫折した方でも学びやすくなっている。

表の見方

CHAIRMAN
会長名や代表者名を紹介しています。
SINCE
会が発足した年を表しています。
BACKGROUND
人に歴史あり、研究会に歴史あり!
どのようにして、その研究会が発足したかがわかります。
MEMBER
会員数を表しています。会員という形式ではない研究会もあります。
WORKSHOP
主な勉強会、セミナーの開催頻度と開催場所を紹介しています。
FEE
代表的な会費等です。もちろん他に費用がかかるケースもあります。
BRANCH
主な支部の紹介です。
APPEAL POINT
研究会の特徴が記されています。要チェックです!

業界ニュース&トピックス