研究会・勉強会に行ってみよう

関東

研究会・勉強会に行ってみよう File36

日本指圧師会

〒114-0002
東京都北区王子2-31-6
福島ビル3階
TEL:080-6217-4552(携帯電話)
担当:髙木
E-Mail:nishikai60@gmail.com
HP:https://nihonshiatsushikai.jimdo.com/

CHAIRMAN 髙木林作 SINCE 1955年
BACKGROUND 戦後、激動の時代にさまざまな民間代替療法が乱立。医学的根拠に則り、治療を目的とした最大公約数的手技療法理論・術技統一をし、資格化の必要性が急務とあん摩・マッサージに含まれない指圧法法制化に向け、厚生省(当時)主導で各指圧・整体・療術団体をまとめ立ち上げられた。法制化後、各流派ごとに団体、会員は離散して行くが当初の流派を問わず手技療法の治療技術向上だけを目的にする治療師が今日まで残り活動を続けている。
MEMBER 35人
WORKSHOP 【研修会】隔月第3木曜日(東京都北区王子・北とぴあ)
FEE 入会金:10,000円、年会費:10,000円、研修会費:5,000円
BRANCH なし
APPEAL POINT 設立以降、指圧の持つ治療効果向上を目的とした研修会を主に研鑽し続ける団体。今でも用いられる指圧定義とはそもそも大同小異に「仮定義」されたもの。将来への総合手技療法の可能性を期待され作られた資格が指圧であり、その発展を目標に活動を続けている。押圧法=指圧の認知が一般化し過ぎたため、昭和後期から平成中期までは指圧法が内包する意味合いの広さ、骨格矯正の有効性を改めて宣伝、新人教育や日本中に治療師の輪を広げる活動を行ってきたが、時代の流れ、業界激変の理由から対外活動の一切を中止。現在は本質である指圧師同士による「よく治り、より安全な指圧」をモットーとし、技術と理論の底上げだけに注力している。日指会始祖の資料編纂も進行中。

表の見方

CHAIRMAN
会長名や代表者名を紹介しています。
SINCE
会が発足した年を表しています。
BACKGROUND
人に歴史あり、研究会に歴史あり!
どのようにして、その研究会が発足したかがわかります。
MEMBER
会員数を表しています。会員という形式ではない研究会もあります。
WORKSHOP
主な勉強会、セミナーの開催頻度と開催場所を紹介しています。
FEE
代表的な会費等です。もちろん他に費用がかかるケースもあります。
BRANCH
主な支部の紹介です。
APPEAL POINT
研究会の特徴が記されています。要チェックです!

業界ニュース&トピックス