巻頭座談会 あの時の鍼、あの時の思い

2007年06月号
巻頭座談会 あの時の鍼、あの時の思い
¥546(税込)

完売しました

お得な定期購読のご案内

電子版「医道の日本」ご利用規約

巻頭座談会

あの時の鍼・あの時の思い
「有森裕子」というマラソンランナーを知らない日本人は、おそらくいないだろう。
1992年バルセロナオリンピック、1996年アトランタオリンピックでの激走とゴール後の涙。
2大会連続でメダリストとなり、世界に「日本の女子マラソンは強い」と知らしめた。
その「有森裕子」を、鍼治療を通して支えたのが白石宏氏である。
長い付き合いがありながら「こういうかたちで対談するのは初めて」というふたり。
極限で戦うトップアスリートと施術家の共通点、当時の苦悩と葛藤、オリンピックレース前のやりとりが鮮明によみがえる。

特集

気管支喘息と鍼灸治療

1) 喘息の分類と治療

 

 2) 気管支喘息の鍼灸治療

 清水秀一 (日本伝統医療科学大学院大学内科系教授)

清水秀一(写真)

(日本伝統医療科学
大学院大学内科系教授)

   岡田明三 (経絡治療学会会長)

岡田明三

(経絡治療学会会長)


3) 中医鍼灸学からみた気管支喘息

 

4) 気管支喘息の積聚治療

 石原克己 (東京九鍼研究会)

石原克己

(東京九鍼研究会)

   小林詔司 (積聚会会長)

小林詔司

(積聚会会長)


5) 気管支喘息の鍼治療研究とその効果の特徴

   
 西條一止 (日本伝統医療科学大学院大学学長)

西條一止

(日本伝統医療科学
大学院大学学長)

   

 


目次

■口 絵

第2回鍼灸医療推進研究会運営委員会/東京操体フォーラム/第25回現代医療鍼灸臨床研究会開催/海の向こうの治療院:レッチレード・メディカル・センター/ヨシダケンの鍼灸あれこれ探訪記(6)


■巻頭対談

オリンピックメダリストと鍼灸治療
あの時の鍼、あの時の思い

有森裕子・白石宏


■特 集

気管支喘息と鍼灸治療
清水秀一、岡田明三、石原克己、小林詔司、西條一止


FACT誌収載【鍼灸関係論文】76/松田博公・鶴岡浩樹・川喜田健司・高澤直美
伝えたい!心に残るこの症例19/猪飼祥夫・加島郁雄
カンファレンスルームBからの症例報告54/江川雅人・矢野忠
症例から学ぶ悪性疾患の鑑別法32/小川卓良
弁証論治による鍼灸治療の実際53/岩渕浩司
少数穴による治験例集(北辰会方式)21/鳥居寛司
即効性の高い治療への試み6/妹尾博彦
鍼灸散歩道/河村廣定


■特別インタビュー

矢野忠氏に聞く!
専門性を持った鍼灸師を生み出すために


業界にまつわる あんな疑問 こんな疑問16

経絡現象ってあるの?/篠原昭二


偽鍼は臨床試験に役立つか?3/七堂利幸
講習会のあり方についての考察/天野聡子
鍼灸の新しい需要と可能性11/北川毅
やじろべえ診療譚38/長岡昭四郎
ESSAY邂逅-そのとき鍼灸に魅せられて26/堀口和彦
ホスピスケアの現場から8/竹中浩司
続・待合室63「いつ打ち切るか延命治療」/児玉浩憲
「第二次日本経穴委員会」便り32/浦山久嗣
資料でたどる日本鍼灸史56/山本徳子
故 鬼木市次郎先生を偲んで/鬼木結子・大城良雄
ニュース・予告・新刊紹介・会報、会誌等
編集後記