西洋医学・東洋医学からみた夏バテの治療

高雄病院京都駅前診療所所長 仙頭正四郎

  西洋医学的には「夏バテ」という明確な定義や病態認識があるわけではなく、夏期に見られる体調不良を世俗的に「夏バテ」と総称している。  「だるい」「食欲がない」などを症状とする夏バテは、暑さにやられるというイメージが強いかもしれないが、それは、熱中症やひと昔前の夏バテのパターンである。最近の夏バテは、暑さそのものよりも、外気の暑さと、むしろ寒いと感じるほど冷房の効いた室内とを出入りすることにより、環境の変動に身体がついていけないことが大きな原因で、そこに、冷たい飲食物や大量の飲料水が身体の内側に攻撃をかける、というパターンが多いようである。
  西洋医学的に考えると、外気温の変動に対して体内の恒常性を保つために機能している自律神経系の関与が大きいと考えられる病態である。日頃から、寝不足、運動不足、胃腸への負担などで自律神経系に失調をきたしやすい要因があると、夏に向かう時期から夏場にかけて、容易に夏バテを起こすと考えられる。解決策はそれぞれの症状に応じた対症療法的に対処する。
  東洋医学的に夏バテの状態を分析すると、次の3つのタイプに分けて病態を把握し、解決策を考える。

1)夏バテのタイプ
①気虚

  暑さによる「気」の消耗が大きな原因の夏バテである。元気がなくなると食欲もなくなるので、食欲低下による栄養不足でさらに「気」が不足するという悪循環に陥る。元気がない、食欲減退、だるい、などの症状があり、体表を守る衛気の働きも低下するので、夏かぜをひきやすい傾向がある。

②陰虚
  発汗などで体内の水分を失い、脱水症状に近い状態になる夏バテである。口が渇く、皮膚がかさつくなど乾燥の症状のほか、手足がほてる、のぼせなど熱の症状があり、イライラ、食欲不振、頭痛などが起こる。この状態では、熱を体表から逃がすための汗をかくことができず、身体内部に熱がこもり、熱中症になりやすくなる。

③湿邪
  冷たい飲み物や食べ物の摂りすぎが原因で、胃腸の働きや水分の巡りが悪くなってしまう夏バテの状態である。暑さによる熱の直接の弊害ではなく、暑さによる飲食パターンが作り出す身体の不調である。空調などで環境は暑くなくても、暑いと思う気持ちだけで冷飲食を過剰にしてしまうこともある。疲れるので動かなかったり、暑いので冷房の中にいることで、ますます水の巡りが悪くなり、症状がどんどん悪化する。むくみ、腹痛、下痢などの症状が現れる。
  身体のなかには水がいっぱいあるのに、その水が体表まで巡らないので、汗も出なくなる。汗をかけず身体に熱がこもり、熱中症になる。熱中症対策で水を飲むことが勧められるが、すでにたくさん水を蓄え込んでいる人では、摂りすぎがかえって熱中症の条件を強めることもあるので、自分がどういうタイプの夏バテであるか把握することが大切である。

 

2)舌で見分ける身体のタイプ
  夏バテのタイプを判別するのに、上記の特徴のほかに身体の状態をいろいろな視点から探らなければならないが、その際に簡単で役立つ方法が舌診である。
  気虚は張りのない舌。時に歯痕も見られる。
  陰虚は舌苔が少ない、薄い舌。乾燥が目立つ。
  湿邪は、ぶ厚い大きな舌。舌苔も厚く、表面が濡れている。
  さらに詳しい見分け方は、チェック表を用いて体質を鑑別する拙著『読体術  体質判別・養生編』で詳述している。

 

 

 3)夏バテの仕組み
  環境の変化に対応して身体の内側を守るのは、東洋医学では「肺」の働きであると考えている。暑さ寒さ、湿潤や乾燥に対して、発汗や皮膚の血流状態を調節して、緩衝帯のような役割を果たす。現代医学でいう呼吸を担う肺の働きも含むが、さらに皮膚や汗腺の調節、体表での免疫機能などを含む働きを担っている。
  夏といえば汗の季節だが、夏に汗が多いのは、生き物が季節ごとに身体の状態を変化させることと関係している。
  秋や冬は生命力を身体の内側に温存して寒さから身を守り、内部の働きを充実させる。  春や夏には生命の勢いは内側から外向きへの流れを盛んにし、身体の表面の働きを充実させる。この外向きの生命力の流れに乗り、汗も身体から出ていく。夏は身体が外向きであり、とにかく汗をかくようにできている。
  夏の汗は、深いところにある津液を身体の表面まで引っぱり出し、水の成分だけでなく、気や血や身体の中のいろいろなものを全身に巡らせる重要な役割をする。巡りが盛んになれば消費も高まり、消費したものを作り出す働きも盛んになる。  汗をかくことは、身体を構成するものを入れ替えることに役立つ。それが夏の存在意義である。
  汗には、①内側で発生した過剰な熱を外に放出する、②身体の表面を外的から守る、③身体の中の水の流れを順調にするという大切な役目がある。

 

つづきは、雑誌「医道の日本2014年7月号」でお読みください。