続・あはき臨床 私の学び方 伝え方
(近日動画公開予定)

河野智和 氏

【昭和の野球人】

高校生の頃からスポーツマッサージという分野で仕事をしたいと考え始め、運よくこの道に入り現在に至るまで、さまざまな出会いがあった。そのなかで師匠として特筆すべきは、株式会社メジャー・トレーナーズ創業社長の川島英夫である。

最初に川島を知ったのは、10代の専門学校生のときである。「月刊セラピスト」のトレーナー特集に掲載されていた川島の記事を読んだ。川島が1976年に渡米し、メジャーリーグのドジャーズなどでトレーナーシステムを研修し、当時主流のスポーツ企業内所属ではなく、独自に開業をしながらトレーナー活動をしているスタイルに私は新鮮な衝撃を感じた。ある日、偶然にも川島のオフィスの前を通りかかり、飛び込みで訪問したことが入門のきっかけである。以後、川島とは株式会社メジャー・トレーナーズの社長として、またこの道の師として30年の付き合いとなる。

川島は体格もよく、会う人皆を魅了する笑顔と声の持ち主で、身体に触れる以前に相手に安心感を抱かせる雰囲気を持っている。反面、社内には鬼のように厳しく、昭和の野球人のままの接し方である。多くのスタッフが精神的にも身体的にも耐え切れずに離れていった。ただし、その厳しさは仕事への集中力、責任感、利用者への感謝のために必要な本質を説いており、現代では非常識な指導法ではあるが、真意は得ていた。

川島は治療以前のこと、トレーナー活動以前のこと、つまり「社会人であれ」ということを非常に重要視して指導する。身だしなみはもちろん、食事の仕方から車の運転など、家族にもいわれないようなことを遠慮なく指摘する。そんな川島を、私はまず見て学んだ。体系的な指導法がないので、問診から施術、立ち振る舞いから会話までを真似ることから始めた。やがて自然と川島の言葉づかい、笑い方まで似るようになった。

 

つづきは、雑誌「医道の日本2019年5月号」でお読みください。

お得な定期購読のご案内

Apple、Apple のロゴは、米国および他の国々で登録された Apple Inc. の商標です。Mac App Store は Apple Inc. のサービスマークです。
Android、Google Play、Google Play ロゴは、Google Inc. の商標です。