TOP

【医道の日本社がおすすめする枕】その魅力と枕選びの重要性

公開日:2022年9月2日

睡眠が生活において非常に重要な役割を担うことはご存知のとおりですが、実際に満足のいく睡眠がとれている人の割合は多くありません。より良質な睡眠を取るには、自分にあった枕が必要不可欠です。では、どのような基準で枕を選べばいいのでしょうか。今回は枕選びのポイントと、医道の日本社がおすすめする枕「メディフローウォーターベースピロー」を使うメリットについてご紹介します。

睡眠時間を充実させる、枕選びの重要性!

人は毎日6~8時間程度、1日の約3分の1から、4分の1を睡眠に費やしています。睡眠には1日の疲労回復だけでなく、体の成長や新陳代謝の促進、ストレス解消などさまざまな役割があり、欠かすことはできません。

しかし、日本人の多くが現在の睡眠時間に満足できていないというデータがあります。世界的ヘルスケア製品メーカーのフィリップス社が2021年に発表した、世界の睡眠満足度の統計データによると、睡眠に満足している成人の割合が全世界で55%であることに対し、日本人はわずか29%と、睡眠に対して大きな課題を抱えていることが明らかになりました。

参考: フィリップス、「世界睡眠の日」に睡眠について考える


睡眠環境の改善には多くのアプローチがありますが、そのなかでも効果が高い方法とされているのが枕の改善です。睡眠中は、立ってリラックスしている状態と同じ姿勢が理想といわれており、その姿勢は枕が頭を適度な高さに維持してくれることで作り上げられます。すなわち、枕が合わなければ適切な睡眠姿勢を維持できず、睡眠中も体にストレスを与え続けてしまうのです。睡眠環境を改善させるには、自分にあった枕選びが必要不可欠といえます。

枕選びで改善できる悩み一覧

良質な枕は睡眠の質だけでなく、体に起きるさまざまな問題の改善にもつながります。

  • めまい
  • 肩こり
  • ストレートネック

首や肩のトラブルは、枕の高さが原因で発生するといわれています。首の骨は緩やかなS字を描く状態が正常であり、寝ている間もS字をキレイに保つ高さをキープすることで、首や肩に不要な負担をかけず、朝にはすっきりと目覚められます。

また、適切な高さの枕はめまいの改善にも期待できます。めまいにはいくつかの原因がありますが、「頚性めまい」と呼ばれるめまいは、首の神経圧迫が原因で発生します。近年ではスマートフォンやパソコンを見続ける習慣が、前屈みの体勢から首を持ち上げたときにフワフワとしためまいを起こしてしまう原因となっています。こうした頚性めまいの軽減には、首に疲れを残さない適切な高さの枕が効果的です。

  • 猫背
  • 巻き肩

睡眠時の体勢は、日常的な姿勢にも大きく影響します。肩や首が内側に丸まってしまう猫背や巻き肩は、筋肉の凝り固まりが原因のひとつと考えられています。高すぎる枕や柔らかすぎる枕は睡眠中に無意識に頭から外されやすく、背中を丸めた状態の寝相になりがちです。寝心地のいい適切な高さの枕を使えば、背中を丸めず適切な睡眠姿勢をとることができ、筋肉のストレスも解放されます。

  • 太りすぎ

睡眠中に横向きやうつ伏せの体勢をとってしまうと、骨盤や首、背骨に負担がかかりやすくなります。その結果、体が歪み、脂肪がつきやすくなります。体にストレスをかけない睡眠時の姿勢は仰向けです。ちょうどいい大きさ、ちょうどいい高さの枕を使い、仰向けで寝る習慣が定着すれば、体の歪みが原因の太りやすさからの解放が期待できるでしょう。

また、睡眠不足の人ほど食欲が増し太りやすくなります。食欲を抑えるには、長時間のしっかりとした睡眠を取ることが大切です。深く眠れる枕を使い質の高い睡眠を取れば、余計なカロリー接種による太りすぎから抜け出せるでしょう。

医道の日本社がおすすめする、メディフロー枕とは?

睡眠の質向上に必要なのは、自分にあった睡眠環境。なかでも枕による影響は非常に大きく、枕の選び方ひとつで睡眠の質ががらりと変わります。

「自分に合う枕の選び方がわからない」

「よい枕の条件を知らない」

このように枕選びにお悩みの皆さんに、医道の日本社は「メディフロー」をおすすめいたします。

なめらかな外層

枕の寝心地は外層の肌触りに大きく左右されます。メディフローの外層は綿100%ながら、300スレッドの編み込みによりなめらかな肌触りを実現。丈夫で長持ち、高い吸水性と、長期間心地よく使い続けられる外層です。

高さの調整ができる

メディフローは、水を入れて高さを調節するウォーターピローです。枕に入れる水の量を変えることで、自分にぴったりの高さに調節できるので、ご自身の首・肩の状態に合わせて使えます。

体温が奪われない断熱素材

メディフローに内蔵されたウォーターバッグを包み込むのは、寒暖差をシャットアウトする断熱素材。たとえ冬場に水を入れたとしても、枕の表面が冷たくなることはありません。そのため「寝ている間に水に体温を奪われてしまうのでは?」といった心配は無用です。

メディフロー愛用の専門家の声

メディフローは医学的な見地からも高い評価を受けている枕です。仁整形外科クリニック院長・松林保智先生は、ご自身の医学知識・経験などの側面から、メディフローを評価されています。

「睡眠時間は一般的に1日6〜8時間。人間は生涯の約3分の1の時間を睡眠に充てています。 快適な睡眠は、心身ともに健康な状態をもたらしてくれます。そのためにまず大切なことは、自分に合った枕を選ぶことです。自分に合った枕を探すために時間とお金をかけることは人生にとって非常にプラスになります。

メディフローは水のクッションが体の動きに合わせ適切に変化し、頭と首をしっかりサポートするので、リラックスした状態が続きます。また、水の量で自分好みの高さに調節できるので、 高さで悩んでいる多くの方はこれで解決できるでしょう。首に問題のある方も健康な方も今よりワンランク上の睡眠を取っていただきたいです

引用:https://www.ido-netshopping.com/products/detail.php?product_id=4913

世界32カ国で愛される!カスタマイズ可能なメディフロー枕

専門家からも多くの支持を受けるメディフローは、心地よく健康的な眠りをサポートします。実際にメディフローはどのような機能で睡眠をサポートしているのでしょうか。

三層構造について

メディフローがもたらす快適な眠りは、異なる素材による三つの層がもたらします。

外層は綿100%、300スレッドの生地により、なめらかな肌触り。吸水性にも優れ、心地よい入眠をサポートします。中綿には世界最大級の繊維総合企業・インビスタ社製の「ダクロン(R)ピュアスタッフポリエステルファイバー」(エリートモデル)を使用。通常の綿に比べ繊維が太く、弾力性も抜群。頭の重さを支え睡眠中の姿勢をキープします。ウォーターバッグを包み込む最下層には断熱素材が用いられ、水の冷たさを枕の表面まで伝達させません。

繊維に空いている穴について

メディフローの高い弾力性を実現する「ダクロン(R)ピュアスタッフポリエステルファイバー」(エリートモデル)は一般的な綿よりも繊維が太く、パスタのように中心に穴が開いている構造となっています。この穴の存在により、適度な力で繊維が潰れて弾力性が生まれ、ふんわりとしたやわらかな感触と頭の重量に押し負けない反発力を両立させています。

数字が語る枕の信頼性

優れた枕であるメディフローは、日本国内のみならず世界中のあらゆる国の愛用者に支持されています。メディフローウォーターベースピローシリーズは、世界32ヵ国での販売実績があります。これまでに世界各国合計で累計500万個を超えるメディフローが購入されています。これだけの支持を集められたのは、FDA(米国食品医薬品局)認証を受けるほどの高い品質があってこそ。世界に認められたメディフローは、これからも快適な睡眠を求める世界中の人々に愛され続けます。

お客様の声

実際にメディフローを使った方は、どのような感想を抱いているのでしょうか。公式サイトに寄せられたユーザーの感想の一部をご紹介します。

東京都在住 Y.Mさん(60代女性)

10年以上前に購入して、今回買い換えました。快適に眠ることができるので継続して使用しています。

神奈川県在住 T.Kさん(男性70代)

今まで枕が合わなくて、何度も買い換えてきました。
やっとたどりつきました。いつまでも大切に使用します。

高知県在住 T.Oさん(理容師 女性30代)

雑誌の掲載記事で知り、購入しました。
今までさまざまな枕を試してみましたが、なかなか自分に合うものがありませんでした。この枕は今までの枕の中で1番気に入っています。

北海道在住 A. Mさん(自営業)

とても感動しました。水に浮かんでいる気分になります。
朝スッキリ目覚められて、びっくりしています。

神奈川県在住 O. Yさん(理容師)

寝苦しくて、寝つきが悪く、寝るたびに肩こりがして、夜寝るのが怖いくらいでした。この枕を使うようになってからよく眠れるようになりました。ありがとうございました。

愛知県在住 K. Hさん(主婦)

肩こりがひどく、枕も高さを計って、自分に合う枕を買い求めてはいるものの、最初は良くてもだんだんペシャンコになり、高さも変わります。
肩こりがひどい時には、枕の移動で余計に肩から首が痛くなり、 薬を頼っていました。雑誌でこの枕を知り、すぐ買い求めました。水で自由に自分に合った高さになり、よかったと思っています。

まとめ

睡眠の質は人生の質を変えるといっても過言ではないほど、生活に大きな影響を与えます。寝心地のいい睡眠には、自分に合った枕が必須。首や肩に負担がかからない枕を選び、より良質な睡眠を取りましょう。快適な睡眠をお望みなら、メディフローウォーターベースピローがおすすめです。ウォーターバッグに入れる水量次第で、もっとも寝心地のいい高さに調節可能。性質の違う素材による三層構造で、心地いい睡眠と目覚めを提供します。世界中で支持されるメディフローウォーターベースピローをぜひお試しください。

お買い求めはこちら

医道ネットショッピング/【プレミアムピロー】 Mediflow メディフローウォーターベースピロー エリート