TOP

CIANA × 花前トレーナーによるアスリート指導日誌(格闘家 弘輝選手)

公開日:2022年9月6日

花前トレーナーによるCIANAを活用したパーソナルトレーニング日誌パート2。

今回は格闘家の弘輝選手への指導日誌です。

【花前 裕太トレーナー_プロフィール】
学生時代からフィットネスジムでパーソナルトレーナーとして活動し、卒業と同時に亀田三兄弟の専属トレーナーとして契約し渡米。
契約満了後は埼玉県の整骨院グループで勤務しながら母校大宮東高校野球部(最高成績・春の甲子園準優勝)のフィジカルトレーナーに就任。
2018年からはサッカー日本代表 岡崎慎司選手の専属トレーナーとして英・西に帯同し岡崎選手の考えに賛同し、トレーナー契約を継続したまま2020年に兵庫県神戸市に「新長田はなまえ整骨院」を開業。
開業後は、なでしこジャパン・元INAC神戸(現マイナビ仙台レディース) 中島依美選手をはじめとする関西で活躍するJリーガー、Weリーガー、Bリーガーやプロゴルファーなど様々なトップアスリートのコンディショニングをサポート。
2021年に株式会社LestartRを設立。
地域の健康医療に貢献し、高校野球や高校サッカーなどのスポーツ現場にトレーナー派遣を行う。
また、全国各地で講師活動を行い次世代のトレーナー育成にも力を入れる。
2022年に分院展開として兵庫県明石市に西明石はなまえ整骨院を開設。

弘輝選手は試合まで時間があるため、悩みである2つの癖を改善する為にトレーニングを行なっています。

①パンチに体重を乗せられず腕だけで打つ癖
②パンチを打つときに膝が開くことによって力が抜けてしまう癖

そこの2つの癖をトレーニングによって、身体の使い方から改善している最中です。

癖①は臀部や背中の筋肉が上半身と連動しておらず、腕の力に頼っていることが原因です。

癖②は日常生活での片足重心が原因にあります。片足重心により、中臀筋や大腿筋膜張筋の過緊張が生じており、内転筋と臀部の連動が弱いため膝が外に逃げてしまうことが原因です。

動作改善の為に最初は土台作りから行います。

ボールを膝で挟みバランスディスクの上でヒップリフト行っていきます。

これにより内転筋とハムストリング、大臀筋、起立筋や広背筋などの広範囲の筋肉に同時に刺激が入り連動した収縮が促されます。

ディスクによる不安定な足元の中でトレーニングを行うことによって、バランスを取るために足首から背中までの細かい筋肉が収縮と弛緩を繰り返し連動が促されるという仕組みです。

大きな筋肉と細かい筋肉の両方の連動を促すことで癖①②が出づらい土台を作ります。

土台を作った後に腕の力に頼ってパンチを打たない様に、実践レベルの動作改善に移ります。

そして次のトレーニングとして弘輝選手が最も苦手な内転筋を中心に、全身の連動の仕上げを行います。

バランスボールを両膝で挟み、両足の母指球で床を押し込むことで内転筋と母指球に意識を持たせて、膝や重心が外に逃げない下半身を作っていきます。 その上で腕だけに頼らない様に敢えて3キログラムのダンベルを持ち、全身を使う意識でシャドーを行います。

この様にトレーニングで身体の使い方の土台を作った上で、実践レベルの動作改善を行うことで癖①②が改善していくため、全身を使いパンチを打てるようになります。

バランスディスクとボールを用いたトレーニングにより、疲労を残さず安定感を増すことができるため、パフォーマンスの向上につながります。

私のトレーニングの最大のポイントはトレーニングを行い、関節可動域を広げ、筋出力を向上させるもの

となっております。

本来筋トレでのフィジカルトレーニングは、効果が出るまでに3〜6ヶ月かかります。しかし私のトレーニングではその瞬間に効果が出ます。

そのため、専属トレーナーがいるような選手でも私を支持してくれています。

その中でこの二つのアイテムは最重要であり、身体を繋げるために絶対に必要です。ディスクに関しては、バランス能力を向上させるといった表面的なものではなく、身体を繋げるというのがテーマです。空気を入れすぎずその選手に合わせて空気の出し入れをおこなっております。

ボールに関しては、内転筋の出力を向上させ骨盤を立たせることをメインテーマとしております。この二つがあることで私のトレーニング指導の幅は広がり選手の信頼を得ることができております。

よってバランスディスクやボールは私にとって強制的に身体を繋げてくれる魔法のようなアイテムとして最も重要としております。

また、スポーツ選手のトレーニングだけではなく、体の痛みに悩まされている高齢者の方でも活用できるのが、CIANAのジムボールとバランスクッションです。

痛みや身体のだるさなども、筋バランスや筋出力が低下していることにより起こります。そのためバランスディスクとボールを用いてトレーニングをすることで、さまざまな身体の悩みを解決に導いてくれるでしょう。

これらのアイテムは素晴らしく奥が深いものです。まだまだ私自身も勉強し、このアイテムを使いこなせるよう日々精進していきたいと思っております。

CIANAジムボール

CIANAバランスクッション

新長田はなまえ整骨院のWEBページはこちら