増補改訂版 オステオパシーアトラス[WEB動画付] マニュアルセラピーの理論と実践

増補改訂版 オステオパシーアトラス[WEB動画付] マニュアルセラピーの理論と実践

約1万部の好評オステオパシー本が大増補して再登場!

アンドリュー・テイラー・スティルによって創始され、様々な手技により主に筋骨格系、頭蓋骨、内臓などにおける機能障害を治療するオステオパシー。柔道整復師、マッサージ師、理学療法士、アスレティックトレーナーなど、多くの医療関連職種が実践しているオステオパシー手技について、原理およびそれぞれの手技について系統学的に解説するとともに、わかりやすく整理されている。
本書では、カウンターストレインやマッスルエナジーテクニックなどよく知られた手技に加え、靱帯張力バランス、リンパ手技、ファシリテイティッド・ポジショナル・リリース、高速低振幅(HVLA)手技、頭蓋骨オステオパシー、スティルテクニックなどオステオパシーで用いられるほとんどすべての手技を網羅し、手技の手順は1500枚以上のカラー写真を用いて解説。また、写真上の矢印と注釈に従えば、読者は手技を容易に理解できるよう工夫されている。骨格筋の構造検査、可動性検査、触診検査、脊柱と骨盤の分節間検査など、読者が症状の診断基準と治療手技を関連付けられるようになっている。
前版から数々の手技が追加・修正された増補改訂版。ウェブでテクニックの動画も観られるので、より理解が深まる内容となっている。

ISBN:978-4-7529-1161-6
著者アレクサンダーS.ニコラス、エヴァンA.ニコラス
監訳赤坂清和
仕様B5判 625頁
発行年月2019/5/1
1161-6
定価 本体7,000円+税
ご購入はこちら(Ido Net Shoppingへ)

目次

第1部 診断におけるオステオパシーの原理
第1章 オステオパシー検査の原理
第2章 オステオパシーにおける筋骨格の静的検査
第3章 脊柱の可動性
第4章 オステオパシー触診
第5章 分節間可動性検査

第2部 オステオパシー手技
第6章 オステオパシー手技の原則
第7章 軟部組織テクニック
第8章 筋筋膜リリーステクニック
第9章 カウンターストレイン
第10章 マッスルエナジーテクニック
第11章 高速低振幅手技
第12章 ファシリテイティッド・ポジショナル・リリーステクニック(FPR)
第13章 スティルテクニック
第14章 靱帯張力バランス・靱帯性関節ストレイン 第15章 内臓テクニック
第16章 リンパ手技
第17章 関節手技と混合手技
第18章 頭蓋骨オステオパシー徒手医学



<ウェブ動画を見る手順>


pdf_icon.jpg

ウェブ動画を見る手順
(PDF 1.49MB)

 

 

※PDFファイルを開くには、無償で提供されているAdobe Readerが必要です。

 

ページサンプル

 

 

1161_6_sample_1s.jpg

1161_6_sample_2s.jpg

1161_6_sample_3s.jpg 1161_6_sample_4s.jpg

 

テキスト採用をご検討の学校様へ

正誤表

取扱書店一覧

著者一覧

iPhoneアプリ 東洋医学診断チャート

ディスプレイルーム

〒108-0075
東京都港区港南2-4-3 三和港南ビル5F
TEL 03-5461-3050
営業時間 AM10:00~PM6:00