東洋医学見聞録(中巻)

東洋医学見聞録(中巻)

約30年前、現代医学の限界を悟った著者は「肩凝りの治療」を通じて東洋医学と出合う。それ以来、現代医学と東洋医学を併用しながら、日常の臨床に携わっている。本書はその間著者自ら追試して有効だった治療法に、その理論的な考察を加えてエッセイ風に綴ったもの。1999年に発刊された『東洋医学見聞録』の【上巻】と同様に、これから東洋医学(鍼灸)を学ぼうとする医師や卒業したての新米鍼灸師でも、すぐ臨床に役立てられる1冊だ。

東洋医学見聞録(上巻)

東洋医学見聞録(下巻)

ISBN:978-4-7529-1104-3
著者西田皓一
仕様A5判/351頁
発行年月2004/7/30
1104-3
定価 本体 3,200円+税
ご購入はこちら(Ido Net Shoppingへ)

目次

序言
〈第1篇〉陰陽交叉取穴法
〈第2篇〉頭痛の治療
〈第3篇〉風邪の治療
〈第4篇〉梅核気の治療
〈第5篇〉歯科領域の治療
〈第6篇〉末梢性顔面神経麻痺(ベル麻痺)の治療
〈第7篇〉パニック障害と不眠症の治療~頚叢刺法を用いて~
〈第8篇〉肋間神経痛の治療
〈第9篇〉痛風発作の治療
〈第10篇〉棘下筋症候群の経筋療法
〈第11篇〉上腕挙上障害の治療
〈第12篇〉腕神経叢症候群の治療
〈第13篇〉梨状筋症候群の治療
〈第14篇〉坐骨結節部痛の治療
〈第15篇〉消化器疾患の治療
〈第16篇〉薬食同源
参考文献
索引

テキスト採用をご検討の学校様へ

正誤表

取扱書店一覧

著者一覧