人の生きた筋膜の構造 (DVD付) 内視鏡検査を通して示される細胞外マトリックスと細胞

人の生きた筋膜の構造 (DVD付)

「生きた人体」による解剖本!筋膜の構造が今、解き明かされる

遺体を解剖して観察した従来の解剖本とは一線を画した、「生きている人体」を用いて、内視鏡検査によるミクロ解剖の本がついに日本に上陸した。手の外科医である著者が、20年間にわたり、1000件以上の手術で行った、内部組織の内視鏡研究の集大成ともいえる1冊である。
生きた人体において施術の効果を出すには、どんなタッチをするべきなのか。「徒手療法が、皮下組織に影響を及ぼさないと主張することはもはや不可能」と著者は言い、さらにこう続ける。「力に頼った施術を続けていきたいのであれば、これまでの教科書にある『乾いた筋と筋膜組織のイメージ』を取り換える必要はない」。本書によって、生きた筋膜の構造をつかめば、治療家の世界は一変することだろう。
身体の「偉大な統一者」である結合組織。人体が生きている状態で、どのように作用しているのだろうか。附属DVDでの映像とともに、存分に楽しんでいただきたい。

原書:Architecture of Human Living Fascia: The Extracellular Matrix and Cells Revealed Through Endoscopy

ISBN:978-4-7529-3124-9
著者Jean-Claude GUIMBERTEAU, Colin ARMSTRONG
監訳竹井仁
仕様B5判 204頁
発行年月2018/1/10
3124-9
定価 本体9,800 円+税
ご購入はこちら(Ido Net Shoppingへ)

目次

第1章 組織連続性
第2章 原線維の連続性と形態
第3章 可動性と適応性
第4章 細胞と原線維構造の関係
第5章 空間配置、テンセグリティー、フラクタル化
第6章 多原線維ネットワークの適応と変性
第7章 形態に関与する構造の構成組織としての結合組織

 

<サンプル動画>

 


監修者のことば

 

本書は,ヒトの「生きた筋膜」の構造を,初めて詳細に説明した名著と言えます.

これまで,筋・骨・関節・神経などの,一般的な解剖学テキストは数多くありましたが,これらのテキストは,亡くなった方の身体を解剖して観察した本です.

筋膜の本には,Functional Atlas of the Human Fascial System(Carla Stecco, CHURCHILL LIVINGSTONE,竹井仁監訳,医歯薬出版)という筋膜の解剖学・生理学を詳細に述べた名著があります.
この本は,特殊な液体で屍体を保存し,1週間以内に解剖することで,生体と同じような状態を再現しています.しかし,これらは,ミクロ解剖(顕微鏡的解剖)よりもマクロ解剖(肉眼的解剖)を中心とした本です.
この本に対して,今回の筋膜の本は,内視鏡検査によるミクロ解剖の本とも言えます.しかも,生きている人の筋膜を詳細に記述した本です.20年間にわたり,1,000件以上の手術で行った内部組織の内視鏡研究の集大成とも言える本です.

"結合組織は身体の「偉大な統一者」であり,身体の被膜の内部で作動する細胞を超越する巨大な社会である"
この結合組織の原線維のネットワークが,どのように全身にわたって広がっているかを説明しています.

"細胞外マトリックス内部には,線維と原線維が連続的に身体全体に広がる多原線維ネットワークがあり,皮膚表面から骨膜まで,組織のすべてのレベルにわたっている"
このネットワークは,何十億の線維と原線維が多方向に相互接続して構成されます.これらの線維は織り交ざり,相互接続し,微小空胞と名づけられた三次元の微小立体をつくります.

"驚異的な像は,複雑に入り組んだ組織可動性を明らかにしてくれる.相互に結びついた原線維が形成する微小立体は,身体の三次元的性質を思い出させる.三次元における身体機能障害の複合パターンを完全に理解するとなると,徒手療法士は,組織可動性のあらゆる要素を調べることが不可欠となる"
徒手療法を実践するセラピストにとって,この本は,今まで見たことのない,そして考えてもいなかった概念に満たされた本と言えます.
この本を理解する一歩一歩が,セラピストの質を向上し,そして患者様の笑顔を引き出すことにつながります.
さらに,DVDも活用しながら,人体構造,空間配置および形態力学を理解することが,自分も患者様も幸せにしていきます.

本書は,じっくりと読んでいただきたい名著と言えます.是非,愛読書として長く読んでいただければ幸いです.

竹井仁(首都大学東京大学院教授・理学療法士・医学博士・OMPT・FMT・GPTH.O.I.)

ページサンプル

 

 

 

 

『アナトミー・トレイン』の原著者:トーマス・W・マイヤース (Thomas W. Myers)によるコメント

img01.jpg

おそらく10年前だったと思うが,Jean-ClaudeGuimberteau医師が撮影した,身体で動き,生きた筋膜のユニークなイメージを最初に見たときは信じられなかった.何かしらのトリックや冗談に違いない,これが生体組織の現実であるはずがないと思った.

しかしそのじがたいものがにあると,前提根本的変更することをせまられるGuimberteau医師映像んだ結果,私えはわり,教える内容わり30年間,マニュアルセラピーの診療いてきたのタッチも変化することを強要されることになった

 

Guimberteau医師「滑走システムぶものの流動性適応可能性質理解してから,私線維性組織「伸ばすのをやめた.私癒着をゆるめ,組織健常運動すようずっとしく,的確沿ってタッチをいることができるようになった

構造志向するセラピストは,帆船索具調整するかのように,力学的なロープワイヤー,枠組みをることはない

Guimberteau独創的探索まえると,我々実際えようとしているのはムコ多糖類のゾルゲル状態,つまり間質液「流」,神経情報伝達,生きた組織細胞外マトリックスにある力学的であることがわかる.表面ることは,深部をかきぜることである

 

ヒトはどのようにくのかさらに根本的えば,「何くのかについて根本的再考のときに我々かれている

我々,身体運動生物力学的,熱力学的,流体力学的作用しなければならないことをっている.身体運動細胞的作用しなければならないことを理解している

我々,胚大量増殖,分離,子宮から「空気世界」移動して最初呼吸をする瞬間くもしいショックを経験する

それから,細胞外マトリックスが,保護,包んでいる70活発細胞としての成人機能するようになる

しかしどのように機能するのだろうか

 

軟膜から骨間膜まで,細胞外マトリックスを我々これは,硬,乾燥したものである.死体でも,我々細胞外マトリックスをこれは,伸びることなく,癒着したものである.未処置死体でさえ,筋膜受動的状態のままである

Guimberteau医師とともに,生きた身体するとこれまで不活性組織動的生命となることに.「露れた線維移動する付着部泡立膜」という詩情んだ場面ると,身体がどのように運動っているか,特いつ滑走するかしないかにしてしく理解できる

 

どんな画像でも製作することの行為,視界からかを除外することで1つのものをらすことであるもちろん,解剖死体解析する従来方法,非常役立つものであったしかし,この方法は間にあるものに関する知識をあいまいにしてしまった.「間にあるもの」こそまさしく,はっきりとした境界を持つ構造を示すために,メスを滑り込ませていた場所なのだ.

しかし,丈夫構造にあるものはまさに運動じる場所でもあるこのことはGuimberteau単純だが,驚くべき現実すまで根本的誤解されたままであった

 

筋膜連続性する着想かなり世界まっている.私自身出版した書籍,筋機能的,安定化させる接続,筋方向,壁側筋膜をたどろうとしてきたアナトミートレインとのいくつかの身体地図,姿勢運動慢性障害すsる革新的戦略につながる予測,大きな人工運動さい部分解剖する還元的分析をやめさせシステム全体にある相乗作用特性ていく

 

Jean-Claude Guimberteauったことははるかに重大である.彼「新しいシステム(系)しいものを発見したこれは,我々自身細胞住居実際どのように,細胞破壊せず,組織かず,流れをげることなく運動「断裂」対処しているかにするシステムであり,一度見ると明白となる.細胞間破損りがちなでも1100万回起こっているにいないものである

 

「神経発火関節横切,骨かすが,靭帯によって制限されるモデルはヒトの形態安定性説明するものとして何世紀もの間,我々満足させてきたオステオパシー医,ロルファーなどは身体がる筋膜概念迎合してきた

しかし,丈夫識別できる結合組織構造経由して,個々からまで作用することでじるてこと生体力学による治療効果でも説明している

 

今,明らかなのはこのモデルは不適切であり,現在限界えてむために,生体力学,個々神経筋作用においてテンセグリティー工学,流体におけるフラクタル幾何学,サイバネティックスの関与考慮する必要があるGuimberteau探索らかにしたのは,身体全体にある液体,ゲル,線維による高度適応可能なシステムである

このシステムは適用されるしてすぐに内部反応,可動領域細胞へのダメージを緩和,皮膚下組織緊張効率的分布させる

 

大腿動脈きな循環器系一部であることは,我々ればよくわかる.同様,腕神経叢つの構造識別できるが,明らかに神経系全体一部でもある

しかし,生体力学分野我々くの場合,アキレス腱,半棘筋,または胸腰筋膜独立した構造であるかのように施術

これらの構造全身効果ぼす3のシステム,筋膜内部存在することをじようには認識しない.筋膜均一動的,血管神経じくらい自己調節的である

 

Guimberteauのイメージと研究,身体全体連続した生体力学的反応これまでのえよりはるかに流動的カオス,自己組織的なのがわかる.将来世代これを「当たり前」,我々力学的モデルを風変わりなものとして退Guimberteau先駆的洞察土台にしていくだろう

これまでの常識されることになるが,私世代であることをうれしく

Guimberteau医師彼自身かめるからった印象的重要なイメージによりショックをけて,恐縮,喜そしてわることができるのだから

テキスト採用をご検討の学校様へ

正誤表

取扱書店一覧

iPhoneアプリ 東洋医学診断チャート

ディスプレイルーム

〒108-0075
東京都港区港南2-4-3 三和港南ビル5F
TEL 03-5461-3050
営業時間 AM10:00~PM6:00

ボディナビゲーションシリーズ