図解 鍼灸実用経穴学

図解 鍼灸実用経穴学

初心者にも正確に取穴ができるよう、一穴一穴についての取穴の実際を明確に述べ、同時にその穴の主治症を記した「経穴学」の代表的書である。経穴の主治症についても、単に病名だけでなく、系統的にその経全体の主治症が理解できる。巻末に18枚の2色刷経穴図付き。

ISBN:978-4-7529-1027-5
著者本間祥白
著者鈴木達司
仕様A5判/316頁
発行年月1955/5/10
1027-6
定価 本体 3,800円+税
ご購入はこちら(Ido Net Shoppingへ)

目次


自序
改版序
凡例
校訂改版に当って
参考文献

第1章 総説
(1)経絡経穴の概念
(2)経脈の種類
(3)経穴の部位
(4)経穴の取り方
  1. 姿勢について
  2. 骨度法について
  3. 同身寸法について

第2章 十四経絡と経穴各論
1. 手の太陰肺経
2. 手の陽明大腸経
3. 足の陽明胃経
4. 足の太陰脾経
5. 手の少陰心経
6. 手の太陽小腸経
7. 足の太陽膀胱経
8. 足の少陰腎経
9. 手の厥陰心包経
10. 手の小陽三焦経
11. 足の小陽胆経
12. 足の厥陰肝経
13. 督脈
14. 任脈

第3章 阿是穴(奇穴)
1. 前神聡
2. 後神聡
3. 印堂
4. 金津玉液
5. 婦人膻中
6. 階段の灸穴
7. 中枢
8. 痞根
9. 竹杖の穴
10. 気海兪
11. 関元兪
12. 腰眼
13. 風市
14. 膝眼
15. 肘尖
16. 五虎穴
17. 拳尖穴
18. 鬼哭
19. 華陀穴
20. 回気の灸
21. 夾脊灸
22. 騎竹馬の灸
23. 四花患門
24. 腰部八点灸
25. 脊背五穴
26. 五処穴
27. 小児斜差の灸穴
28. 中風七穴の灸
29. 脚気八処の灸穴

第4章 奇経八脈
1. 督脈
2. 任脈
3. 陽蹻脈
4. 陰蹻脈
5. 衝脈
6. 陽維脈
7. 陰維脈
8. 帯脈

第5章 主治症の考察
1. 経絡という縦の系列
2. 横からの考察
(1)背腰仙部 (2)胸部 (3)腹部
3. 区分別の考察
(1)頭部  (2)胸部  (3)肩背部
(4)背部  (5)腰仙部  (6)腹部
(7)上肢  (8)下肢
4. 部位別の考察

結び
経穴索引
十四経図譜

テキスト採用をご検討の学校様へ

正誤表

取扱書店一覧

著者一覧